jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ベルギービール | トップページ | 淀川河口を目指す »

贖罪の南仏ワイン

携帯電話の調子が悪く修理に出した。 そんな時に限って連絡が取りたくなるものだが、日頃携帯のアドレス帳に頼っているのでイザという時に判らない。 手帳にメモしておくのだったと後悔しても後の祭。

と言う事で、女将との夕食の約束に遅れること1時間! 当然待ち合わせ場所に女将は居ず、重い気持ちで帰宅。 素直に「遅くなってゴメン」と謝ると、女将も「私も遅くなるので連絡をとりたかった処だった」と想定外の反応。 大人の対応なのか、本当なのか、判らなかったがお言葉に甘えて、それ以上事を荒立てない作戦に変更。

話題を切り替えて、女将の昼間の出来事を聞く役に徹する。 こんなシチュエーションにはワインがぴったりなので今日は女将の好きな白ワインを空ける。
Photo_30 レ・クラヴィェ・ブラン 2005
ドメーヌ・ド・ラ・ガランス
南仏ラングドックで有機栽培ワインを醸造するガランス醸造所は石灰岩の地層に在るので酸味の在る蒲萄が良く育つとの事。
色は結構黄色が濃く、淡い黄金色で少し発泡している。 香りからも酸味を感じる。 口に含むと爽やかな酸味を先ず感じ、次にフレッシュなナッツのようなスモーキな香りが鼻に抜ける。 ガスの泡立ちもピッリとして、酸味とあいまってしっかりしたボディを感じる。

ユニブラン50%、ソービニヨン・ブラン20%、グルナッシュ・グリ25%、テレ・ブレー5%
ユニブラン種が酸味の強い品種で石灰の土壌との相性が良いとの事。 酸添せず自然の酸味でこれだけの深みを出すのは私だけだ!と醸造家のキノネロ氏の説明。

未だ浅い感じはしたが、結構美味しく飲んでしまった。
自分で買うなら 3000円

« ベルギービール | トップページ | 淀川河口を目指す »

コメント

家庭不和にならなくて良かったですねぇ(^^;
携帯と言う便利なモノに慣れすぎるとああ言う結果になるんですよね(笑)
飲み会になる恐れが有る時は、必ず連絡先メモを持って行きましょう。
そう、携帯だって電池切れに鳴る事が有るんですから(^^)

まほろんの日頃の行いの良さなのか、女将の対応が大人だったのか、微妙な雰囲気で過ぎていきました。
ご指摘とおり、危機管理体制見直さなくては!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14802/14474166

この記事へのトラックバック一覧です: 贖罪の南仏ワイン:

« ベルギービール | トップページ | 淀川河口を目指す »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun