jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 亀田親子報道に思う | トップページ | 京都でランチ »

中国ワイン

Cimg0406長城干紅葡萄酒 解百納1992
河北省

干紅は赤ワイン、解百納はカベルネ・ソービニヨンのことだから。 日本語に約すと’万里の長城印赤ワイン葡萄酒 カベルネソービンヨン1992年産’。 裏の説明を読むと’フランスのレミーマルタンの醸造技術を導入した’とあるがレミはブランデーだし、何となく怪しさが漂う一本。

15年の長期熟成にしては色は明るいルビー色、香りは確かにカベルネ・ソービニオンだが薄く、薬草っぽさも少し感じる。 タンニンも酸味も弱くライトな味わい、悪く例えると薄い。 アルコール度数も11%と低く、何とも頼りない。

二男の北京土産だから有り難く飲みます。 自分で金を出しては買わないな。 日本と同じく中国のワインも試飲しないと怖くて買えない。

« 亀田親子報道に思う | トップページ | 京都でランチ »

コメント

これは珍しい。
しかも92年というビンテージ物。
全てが薄いのは、アルコール度も有るけど、主要原因は熟成を通り越し、枯れてしまったのでしょう。
15年寝かせられる葡萄はそう沢山取れませんから。
それにしてもレミーマルタンって(^^;
確かにワインを蒸留させればブランデーになるけど、醸造技術を導入する相手が間違ってる様な(笑)

AKAさん
 成る程、枯れてしまったのか。 そういえば飲んだ印象は開発に取り残された胡同のような・・・。 嘘ですそんな詩的な印象は持てませんでした。
 枯れたワインは飲んだことが無かったので勉強になりました。 授業料は100元でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14802/16881569

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ワイン:

« 亀田親子報道に思う | トップページ | 京都でランチ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun