jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 熟撰 | トップページ | 阿智のカリン酒 »

南仏ワイン

花粉で鼻がムズムズ、くしゃみをすると胸が痛い。 犬に躓いて転んだとき上手く受け身をしたつもりでも打ち身を負ってしまったようで、咄嗟の動作が鈍くなった証拠だ。

午後から自転車で近所を巡る用事がったので、8時にJOGスタート。 曇り空だが気温は高く、キロ5分のペースでも汗が滲み出てくる。 淀川河川敷の豊里大橋までの往復2時間はこのペースを保ち、その後はLSDで毛馬閘門から大阪城に向かう。

3万本も在る大川のソメイヨシノの蕾は先がピンクになっている、若木の日当たりの良い枝にはチラホラ咲いている。 大阪の開花は後2~3日かかるだろう。

日が暮れても雨は降り出さない。 湿り気もあって赤を飲む気にならないし、夕食は新キャベツ&豚肉炒め、鰹のカルパッッチョだと聞いて白を冷やすことにした。 冷蔵庫だと3~4時間かかるけど、氷水だと10分も浸ければすぐ冷える。

Cimg0572サンコム リトルジェームズNVバスケット・ブレス(白)

ローヌの白は初挑戦、程良く冷やして飲んでみると非常にフルーティー。 ピーチとかラ・フランスのような果実味とグレープフルーツなどの酸味が口一杯に広がる、

硬質なシャルドネやセミヨンなど酸味のキツイ白は苦手という人には丁度良いだろう。 

どちらかと言えば辛口なんだけど、いかにも太陽一杯南フランスといったトロピカルともいえる果実味で甘みもあり、それが柔らかい酸と交わって、ワインだけ飲むより、料理と一緒の方が美味しい。

エチケットが独特なので忘れることは無いだろうが、ワイン単体としてのインパクトは無いので、強い印象は残らない。 嫌いという人は居ないだろうからお花見用に良いのではないかな。

セパージュはヴィオニエ50、ルーサンヌ50
1000円

« 熟撰 | トップページ | 阿智のカリン酒 »

コメント

サンコムと言えば、安くて濃く、かつ旨い赤と言うイメージだったんですが、白はフルーティーだったとは意外です。
それにしても、一度見たら忘れないデザインですね。

ジェームスというのは息子の事らしいです。 だからエチケットもこんなデザインだとか。
ローヌの白がフルーティーなのか息子のイメージで作ったこの白だけがフルーティーなのか、どっちでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南仏ワイン:

« 熟撰 | トップページ | 阿智のカリン酒 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun