jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南仏ワイン | トップページ | オーストラリアワイン »

阿智のカリン酒

Cimg0556_2 阿智のかりん酒

お彼岸に阿智神社にお参り行ったとき、境内で採れた花梨を浸けたお酒が有った。 花粉症なのか黄砂の影響なのか最近喉がイガっらぽいので1本買い求めた。

桜が葉桜になった頃、花梨の薄紫の花が咲き始める。 5月の連休になると花は落ち、後には花びらと同じ色の実が出来ていて、秋になると洋梨ような大きさと形になる。 そのうち黄色に熟してくると、良い匂いがしてくる。

実は固いのでそのまま食べないが、ホワイトリカーに浸けると抜群の香りと、ほどよい渋味・酸味が溶け、良い果実酒になり、せき止め、ぜん息にも効果があるそうだ。 2~3週間で飲めるようになるが、6ヶ月経って実を取り出して更に半年熟成したものが美味しいとの事。 

濃い琥珀色というより茶色といって良いほどの濃い色で、熟した花梨の実の香りはしない。 甘いので氷を入れロックで飲む。 ほんのり苦味のある古梅酒といった風情だ。 春に梅酒、秋に花梨酒を浸ければ一年中楽しめるかな、果実酒を浸けるという趣味も良いかも。

志納金300円

« 南仏ワイン | トップページ | オーストラリアワイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿智のカリン酒:

« 南仏ワイン | トップページ | オーストラリアワイン »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun