jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中部イタリアワイン | トップページ | 南仏ワイン »

アルザスワイン

良く晴れて風も弱い週末、ビルの気温計は18度を示し、正に春爛漫。
女将を誘って満開の桜を愛でるために夕暮れの大川に出掛けた。

至る所にシートが敷かれ、早々に宴会を始めているグループも有ったが、8割は空き状態。
まだ人出が少ない桜花のトンネルをブラブラ歩く、それだけで忙しかった年度初1週間のストレスが癒される。

屋台の「たこ焼き」「おでん」「ビール」で虫養いをしている間に日は暮れ、アチコチで花見宴会が始まりだした。
辺りの喧噪を楽しんで、日頃大川JOGで目を付けていた仏飯屋に行った。

Cimg0582リースリング2004/ドメーヌ・リーフレ

本日のお薦めワインリストのトップに載っていたし、アルザスのワインは飲んだことが無かったのでチョイス。

色合いはグリーン・イエローで透明感がある。
柑橘系酸味とラ・フランスの甘みが混ざったフルーティーな香りはリースリング独特のものだ。

口に含むと案外硬質な舌触りがあって、後から爽やかな酸味が追いかけて来て、最後にほのかに甘味が余韻に残る。
甘くもなく酸っぱくもなく、キリッとしていて辛口の締まった白だ。

リースリングには、ドイツ産でしつこい甘みの余韻で失敗した経験があって良い印象が無かった、このアルザス産は骨格のしっかりした酸味と、やさしい旨みで良い感じだ。

豚のソテー梅シソ風味と併せても酸味が良いマッチだったし、ゴルゴンゾーラのリゾットとはチーズの塩気がワインの果実味とお互いに引き立て合っていた。
魚に合わすのは難しいだろうが、鶏、豚、など白い肉なら何でもOKという感じがした。

特徴のある店構えだったが、中に入ると案外普通。
料理も美味しかったが、特にインパクトは無い。
きっとリピしないだろうな。

« 中部イタリアワイン | トップページ | 南仏ワイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14802/40687736

この記事へのトラックバック一覧です: アルザスワイン:

« 中部イタリアワイン | トップページ | 南仏ワイン »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun