jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の15件の記事

大晦日はスペインワイン

息子は朝早くTDLのカウントダウンに彼女と出発。
残された夫婦二人も一人暮らしの義母と正月を迎えるため倉敷へGO。

女将が昨日までに作ったおせちで鞄の重いこと重いこと。
バリアーフリーのエレベーター活用させていただきました。

JR倉敷駅は今日で閉園になる倉敷チボリ公園に入場する人で大賑わい。
最後となると皆くるんやね。

女将の実家に着いてからは婿の出番は無し。
持ってきたRUNスタイルに着替えて走り納めのLSD。
吉備津彦神社、備中高松城、備中国分寺など冬の吉備路をのんびり走りました。

夕食はすき焼き、一人暮らしだと食べる機会が無いらしく喜んでもらえた。
後はのんびりとTV、紅白など定番を観ながら飲み納めはワイン。
これも家から運んできたので鞄の重い原因の一つ。

Cimg0983マルカス・ティントNV

色はルビー色でエッジは薄め、チェリー系の香りがする。
タンニンは弱めで酸味を爽やかに感じ、次にベリー系の果実が来る、そして余韻は一寸スパイシー。

色々摘みながら飲んだのだが、甘納豆が抜群に合う。
チョコだと少しワインの負け、マロングラッセは甘過ぎ。

あ、ソバの用意が出来たみたいだし、準備して初詣にも行かなくては!
それにしても食べ過ぎ、飲み過ぎだ。

500円 値段の割に良いワイン

浜崎あゆみ右肩にテーピングしてましたね
小林幸子のオアシスより北島三郎の舟ほうが迫力あったし

お家でTVを観ながら酒を飲んでの年越しです      

芋焼酎 常蔵

Cimg1009 注連飾りを取り付け、お鏡の準備をして迎春準備終了

午後からだと混むので朝8時過ぎから食材の買い出しに突撃しました。
商店街や百貨店は何処も超満員、不況なんでしょうか?
黒豆や蒲鉾を買い求める女将の横で、専ら荷物持ちです。
Cimg1010 お昼をまわって帰宅、人混みで疲れてしまいました。

家の中の花を新春用に変て役御免、おせち作りを始めた女将の邪魔をしないようRUNに出掛けました。
風もなく日差しの下はポカポカと暖かく良い年の瀬です。
夕食前におせちの試食、大好物の伊達巻きを貰って御機嫌happy01
早速お酒を出してきて一杯始めました。

Cimg1004常蔵 つねぞう 芋焼酎
久屋本店

常蔵は大分麦焼酎として有名だが、芋の新製品が出たようです。

無職透明、芋の香りは薄く、フルーティーな香りもします。
さらっとした舌触りで、爽やかな甘味があり、芋の風味もありまる。
アルコールが円やかで芋芋せず香味のバランスが良い感じです。

ホント最近は原材料の荒々しさを感じる焼酎が少なくなりました。
研究が進んで洗練されたのだろうが、ちょっと寂しいです。

女児紅

煤払いの今日は我が家も大掃除、日中は風もなく暖かだったのでベランダ・網戸など水を使う部分を担当しました。
案外早く終わったので昼には無罪放免してもらい、少しRUN。
ペースをあげると汗まみれになるほどの小春日和。

夕食は酢豚、いつもビールやワインばかりなので今日は趣向を変えて紹興酒にします。

Cimg1003女児紅

女の子が生まれたときの酒を壺で保管し、婚礼の時に飲む習慣からこの名がついたそうです。

色は茶褐色、香りも薄め。
どうも風味に欠け、40度に暖めても、干梅(紹興酒)を入れてもダメ。

お土産として長期間陳列されて劣化したのか、逝ってしまったようです。
上海で飲んだ18年物の紹興酒(紅酒)が美味しかったので、買ってきて貰い、期待していたのですが残念です。

土産店ではダメですね。
カルフールなど現地の人も利用するスーパーで買った方がまだマシでしょう。

中華料理酒へ直行!

スペインワイン

今年一番の冷え込み&二日酔いで午前中は布団の中で暮らしました。
トイレに起きて体重計に乗って、ガ~ン!
久しぶりに61k代に突入してしまいました。

昼御飯は軽めにして1時間のJOGで今夜も飲む言い訳を作りました。

昨夜のワインは一晩経っても変化は無く、ざらつきが多少柔らかくなった以上に果実味が無くなってしまい、単にヘタレただけでしたwobbly

悔しいので新しいワインを開けました。

Cimg0966ボルサオ・クラシコ・ティント2007
ボデガ ボルサオ DOカンポ・デ・ボルハ

濃い赤、甘いレーズンとムスク系の香りがする
タンニンは柔らかく少しの酸味と甘い果実味をふくよかに感じる。

よく言えば柔らかく、悪く言えば眠たい感じがするワインだ。
スペインの強烈な太陽、熱くなった大地、昼間は暑くて働けないので陰でシエスタ、そんな昼寝のようなイメージだ。

セパージュはグルナッシュ100%(スペインではガルナッチャ)

900円 シエスタ

忘年会最終戦&南仏ワイン

26日は忘年会最終戦。
出勤時の混雑は昨日の半分くらい世間はもう冬休みなんだろうか?

昨夜までクリスマス一色だった町中の雰囲気は一転して迎春モード。
ショーウィンドゥのディスプレイも一夜の間に羽子板に変わっている。

防府から1週間、走ってないので体重は超回復、60kをオーバーして61kに手が届きそうな勢い。
今夜の最終戦に備えて朝昼とも軽めに済ませました。

そして試合開始!

ピザ、ビール、サラダ、ビール、寿司、ビール・・・
食事を軽めにしたのでお腹が空いて炭水化物に手が伸びる・・・
ま、明日から節制して走ればイイヤ、と精神のタガを外してしまいました。

帰宅しても一寸飲み足らない

Cimg0979 コノシュアークラブ カベルネソービニヨン2007
VPDラングドック

濃いルビー色でカシス系の香り、少しチョコっぽい甘いのニュアンスもある。
抜栓直後を口に含むと未だ若いのかタンニンがザラザラしている、フレッシュな果実味があって、チリ当たりの新世界安ワインを飲んでいるようだ。

チーズやチョコをお摘みにしたが全然合わない。
大分酔ったし半分飲んでバキュバンして保存。

600円 

ゴスペルのクリスマス

Cimg0996 クリスマスのディナーショーはゴスペル、ホテルのチャペルが会場になる。
ホワイトクリスマスやウィンターワンダーランドなど定番ソングばかりなので一緒に歌えるのが良い。
アメージンググレースやオーハッピーディは観客全員が立ち上がって大合唱で盛り上がった。

Cimg0997 大声を出してお腹が減ったらディナー。

前菜は海の幸と野菜のテリーヌ
飲み物は当然シャンパン、ロゼと白と1杯づついただきました。

Cimg0999 魚は的鯛のポワレ

かかているのはバジルソース
飲みものは白ワイン ボルドーの白
女将はビール

Cimg1001 肉はフィレステーキ

赤ワインとシェリー酒を注文
女将はホワイトレディというジンとグレープフルーツのカクテル

Cimg1002 デザートはチョコレートケーキ

デザートワインはロワールでした
女将はマティニー

パンとコーヒーが付いて飲み物はフリー、約2時間のディナーを2人でゆったりと過ごしました。

ホテル阪急インターナショナルでのこのイベント、ショーとディナー税サ込みで15,000円。
自分たちの中では高得点でした。

明治のラガー 大正のラガー

天皇誕生日は飛び石、月曜は休みを取って4連休にした。
平日なので「クリスマスのUSJに行こう」と女将を誘ったのだが「寒いからヤダ」とあっさり断られてしまった。sad
そして「走り呆けてサボってた年末年始の準備をしなさい」とのキツイお達し。

固くなった脚をJOGでほぐした後、銀行、郵便局、散髪、蛍光灯の交換、と4、5件廻ると夕方。
暗くなってからは年賀状書き、と貯まっていた宿題を一気に片付けた。

Cimg0986 キリン120周年記念復刻ラガー

両方ともキレよりコクを重視した味わいでテイストは同じ方向、クラッシックラガーよりキレは無い変わりに旨味を強く感じる。

防府マラソンの参加賞で貰った竹輪を肴にグビグビ。

例年のレースローテで加古川を照準にしていれば禁酒日のハズだが、今年は2日早くレースが終わったので2日余分に飲める。
明日の加古川参戦組の健闘と風が強くならないように祈念して、もう2缶1セット飲もう。

第39回防府読売マラソン

Cimg0987自己新狙いだったので前泊して体調を整えるつもりが、朝から雨。

走りにも出ずホテルで10時前までダラダラ過ごしてしまい、こんな事なら朝大阪を出ても同じだったなあ、とモチベは一向に上がりません。

天気予報の降水確率90%にもかかわらず、自称晴男の変な自信で「降るわけない」と確信していたのですが、競技場に到着したときも小雨がパラパラ。
夜半からの雨で地面には水たまりが出来ています。

競技場へはJR防府駅からシャトルバスが運行されており、15分270円で着きます。
制限時間が4時間になったとはいえ参加人員が900人だとバス待ちも競技場内も混雑は無く、トイレなんかもスムーズ。
ただテンションは一向にあがらず、競技場に着いてからアップもせずストーブの前で座ってました。

Cimg0988 招待選手のマーラ・山内さんを見つけ「レース中に痙攣したときの対策は?」なんて質問。
流石に日本駐在の外交官、流暢な日本語でした。

軽くストレッチしただけでスタート10分前の11:52に整列、ゼッケン順の整列なので丁度真ん中あたり。

~10k
雨は気にならない程度で、風もなく走るには支障のないコンディション。
スタートロスは10秒程度、競技場内のインコースは水がたまっているので3コースより外側を走ります。
靴が濡れるのは大嫌いな性分なのでロードに出てからも水たまりを避けてセンターライン辺りを走行。
~20k
防府市役所まえで不覚にも水たまりに突っ込んでしまい、靴はビチョビチョ。
いやだなあこの靴で後半分以上はしるのか~と、テンション下がりまくり、
~30k
折り返し点に向かう景色は何か見覚えがある、デジャブ?と思っていたが、後でコース図を見ると6~7kポイントと同じ道でした。
水びたしになった靴が気になって気になってレースに集中できません、小指が当たるなあ、拇指球が擦れるなあ、なんてばかり思ってしまいます。
雨の時はワセリンを擦り込まなくてはいけない、と思うが後の祭りです。
~40k
30k通過が2時間10分、この調子で行ければ3時間5分切りの大幅自己記録更新ができそうに思え、少しやる気がでてきました。
ところが防府駅を過ぎた31k過ぎ、足の裏がピクピクと痙攣の予兆、水で冷えたからでしょう。
このまま4分20ペースで痙攣覚悟で突っ込むか、少し落とすか、グズグズ考えながら34kを通過。
右にカーブしたとき右足指が痙攣してしまいました。

もう強く踏み込むことはできず、足を置くような感じでなら何とか進めます。
35k通過が2時間34分、残り距離とペースを懸命に計算、4分35秒まで落としても1分程度記録は更新できる、とペースダウン。

それからの5kの長いこと長いこと、後4k、3kの看板が待ち遠しい。
後2kの標示からは特に長く感じられ、間違ってるとちゃう?と思えるほどでした。
競技場に入ったときは3時間6分、あと400mを2分、危ない~、山口まで遠征したのに~、もう痙攣してもケンケンでゴールしたる!と掉尾の一振。

自己ベスト更新の目標だけは30秒だけどクリアできました。
ブブカみたい。

05k   21’33
10k   43’12  21’39
15k 1:05’03  21’51
20k 1:26’41  21’38
25k 1:48’36  21’55
30k 2:10’48  22’12
35k 2:33’45  22’57
40k 2:57’12  23’27
GOAL 3:07’28 10’17  

 

お米は美味しい

木曜日でカーボ抜き終了して金曜日から食べてます。
暖かい御飯の美味しいこと美味しいこと。
金曜の朝57.8kだった体重は土曜の昼には58.6kと超回復してます。

日曜のレースの目標ペースは4分25秒、今朝の調整RUNも良い感じだったし、調整は上手く行った感じがする。

心配事は二つ

金曜日の帰阪の新幹線で後ろの席に座っりオヤジ!
ず~っとケホケホと咳し続けpout マスク無し、口に手も当てず、失礼極まりない。
帰宅して速攻、うがいと手洗いをしたけど・・・・

日曜日の天気予報は昼から雨!
防府の出走時刻は12:10、まともやん。
レースが始まれば諦めて走るけど、アップ中から雨だと気力が萎えるなあ・・・

体調を考えて前泊することにしたので、午後から出発です。
徳山駅での乗り換え時間は3分! それを逃すと40分待ち。
最後の刺激は徳山駅での500m走やね。

南イタリアワイン

忘年会2戦明けの土曜日、恐る恐る体重計に乗る。

60.4kg

嗚呼、また大台復活。 先週一週間かかって59kまで絞ったのに、1食で元の木阿弥。

大量の水分摂取のお陰か、Lーシステインのお陰か、飲んだ量の割に二日酔いは酷くない。
今夜の忘年会3戦に備えてRUNで体調を整えた。

朝食  トースト1枚バター抜き ココア リンゴ ヨーグルト
RUN 3kビルドアップ走4本を含む20k
昼食  御飯一膳 野菜の炊いたん 明太子
筋トレ 換気扇掃除 床の拭き掃除 ビール買い出し

第3戦はイタリア料理、泡、白、赤のワイン。
赤ワインのチョイスを任されたので、メイン料理のローストポークのハム巻きパイ包みにあわせて選んで来ました。

Cimg0934プリミティーウ゛ォ・ディ・マンドゥーリア2006
ポッジョ・レ・ヴォルピ

マンドゥーリア市に在るヴォルビという丘で2006年に採れたのプリムティーボという葡萄品種で作ったワイン。

イタリア語を勉強して少し意味が判るようになってきました。
だからといってエチケッタ(ラベル)だけで美味しいかどうかは判りません。

色は暗いガーネットで香りはベリー系、見るからに濃ゆそうな感じがする。
飲んでみると案外アタックは弱く果実味があって柔らかい甘味も感じる。
これがプリミーティヴォ種という葡萄の特徴なんだろう。

皆は「飲みやすい」「料理と合う」と誉めてくれるが、ちょっと料理に負けている感じがする。
パイの上にたっぷり香草を乗せて焼いているので、圧倒的な香り負け。

時間が経つと益々口当たりは滑らかになってスマートな感じになってきた。
宴会も半ばを過ぎ、酔いも廻って味が変化したのか、判らなくなってきたのかは定かでない。

1300円 イメージはスリムな体型のサーファー

忘年会2戦3戦

週末の花金は忘年会2戦目。
初戦の反省から、体調を整えて臨みました。

木曜の夕食 ロースハム&たっぷりの温野菜サラダ、御飯なし、酒なし
        Lーシステイン500mg
金曜の朝食 ヨーグルト&グラノーラ、蜜柑
金曜の昼食 ゆで卵、ダイエットシェイク

これで多少宴会で飲んだり食べたりしても大丈夫!

宴会メニューは「インド料理、食放飲放2980円!」。
店内にあるメニュー何でも注文OKでこの値段ですから格安。

タンドリーチキン、サモサ、羊肉串焼、ナン、カレー数種・・・食べました。
ビール、ビール、ラッシー、各種カクテル、ビール、ビール・・・飲みました。

そして2次会はパスして帰宅。
もう何も飲んだり食べたりしないで充分です。
給水を充分して&Lーシステイン500mg投与して寝ます。

土曜日の第3戦はイタ飯だそうです。
元気に起きて走ってカロリーを消費せねば!

炊き出し風景

近所の公園で定期的に炊き出しが行われている。
雑炊が振る舞われ、散髪サービスがあったり、時には衣類や果物の頒布があったりで、毎回100人前後が集まっている。

今までは年輩の方が多かったのだが、この2,3ヶ月で様子が変わってきた。
比較的若い3,40代に見える人や、外国人が増え、人数も倍近くになっている。

そうなってくると、それなりの秩序で運営されていたコミュニティーがギスギスしてくるようだ。
大声で歌を唄ったり、食べた後の始末をせずゴミを放置する人がでている。

近所から炊き出しを主催する団体にクレームが入ったようで、このままだと場所を提供してもらえなくなるようだ。

先日近く通ったときには、ポルトガル語や中国語で書かれたマナー向上のビラが掲示されていた。
ヒスパニック系、アジア系、日本と3つのグループに分かれて炊き出しを待っているようで、お互いはコミュニケーションを取っていない。

3つのグループが仲良くなって新たなコミュニティを形成するのか、敵愾心を持って小競り合いになるのか。

ポイント練習&カヴァ

防府2週間前なのでレースペースで20~30kは走っておきたい。
レースに出るのが良い練習になるのだけど、適当な大会も無く一人ペース走を敢行。

昨日とうって変わって良い天気、気温は9度と低いが風は無くポイント練習にはもってこい。
勇んで走り始めるが、どうも調子が上がらない。
昨日のアルコールが残っているのかキロ5分のスピードがやっと。
仕方なくビルドアップしてレースペースに上げていくことにした。

1~2k毎に5秒程度しか上がらず、目標の4分25に達するまでに10kも走ってしまった。
そこから15kは4分20~25で引っ張れたが16kを過ぎると4分30を超えだしたので、ペース走終了。

何とも締まらないペース走になってしまったが、今日からテーパリングしていくので一応練習には一区切りを付けた。 という事で、泡で乾杯。

Cimg09841+1=3
CAVA・ブリュットNV

日本語で読んだらアホな子になるけど、カヴァなのでスペイン語でウ・メス・ウ・ファン・トレスと読む。

泡が細かいので舌触りが丸い、鼻に抜ける香りも爽やかだ。
シャンパンの定番モエよりシルキーで果実味が豊かだ。

シャンパンと製法が同じカヴァはスペイン産というだけで割安で買えるのが魅力だが、これはその分差し引いてもコスパ抜群だ。

1800円

南仏ワイン

忘年会初戦明けはやっぱり二日酔いです。
宴会で酒量を上手くコントロールしたつもりが、精神的に満足していなかったのか帰宅後ワインで撃沈しました。

それでも着替えてJOGに出たのですが、寒いし風も強いし早々に切り上げてしまいました。
家にいると案外雑用が多く、粗大ゴミを出し、住所録整理、風呂掃除etcとしっかり働きました。

夕食の準備をしている女将から「料理に使うワイン」のお使いを頼まれましたが、寒いし暗いし出たく無かったのでストックから一番安いのを提供しました。

Cimg0982オレアホワイト2007

淡い黄緑色、リンゴのようなフレッシュな香りがする。
飲んでみるとミネラル感は少なく、リンゴというより洋梨の風味を感じる。
少し後口に甘味がのこるのは、ユニブラン・コロンバールという葡萄品種の特徴かな。

料理に使ったのはコップ1杯にも満たない量、残して置いても風味が悪くなるので飲んでしまうことにしました。

今日は禁酒しようと思ったのに・・・。

800円 イメージは海辺にバカンスに来ている大学生(男)

忘年会シリーズ開幕

楽しい忘年会、しかし年末にレースを控える身にとっては体重増と二日酔いでの練習計画狂いが気になります。

宴会で’食べない’’飲まない’を貫けるほど意志も強くないし、宴会を断るほどストイックでもないし。
例年「食べ過ぎた」「飲み過ぎた」と翌日嘆くのが定番になってました。

今年は作戦変更!
「ゆっくり食べる」「お酒の合間に水」これで年末までの5戦(宴会)に臨んで、宴会でストレス発散して、翌日はしっかりRUNという目論見です。

今日の宴会は「鍋」
野菜、魚、鶏を中心に食べて満腹感はあるけどカロリーは低いハズ。
ビール1本毎に対してウーロン茶を飲んでアルコールを調整、でもビールはドンドン注がれるので途中からワインに変更。

2次会は遠慮して、第1戦は勝利と思いましたが、途中から飲んだワインでエンジンがかかってしまいました。
帰宅しても、どうも飲み足りない、それもワインが・・・。
ワイインセラーには飲み頃のワインが有るし・・・、アルコールで弱った意志では止められませんでした。

Cimg0935_2カバレッロ・ヒダルゴ

色は濃いルビー色でカシスやブルベリーの香りがする。
飲んでみるとタンニンは丸く、果実味を感じ、余韻に鞄屋さんの革の匂いを感じる。
酸味と果実味のバランスは良いのだが、全体的にぼんやりした感じがする。

900円 イメージは夏休みの午後の居眠り

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun