jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大阪城野外芸術コンサート2009 星空コンサート | トップページ | ルーションワイン »

ルーションワイン

冬に逆j戻りしたような寒さでヒーターを点けています。
例年センバツが終わったら片づけるのですが、今年はサボってGWまで延ばしていて正解です。

ランも4月に入ると半袖にするのですが、長袖に手袋までしてます。
RUNの衣替えはGW明けにしましょう。

暖かい南欧のイメージを求めて地中海のフランス、ルーション産のワインにしました。

Cimg1052_2 タムタム 2007
コート・ド・ルーション・ヴィラージュ

オレンジのキャップシールを取ると黒い人造コルクでビックリ。
アフリカの楽器を連想させるネーミングもあって強烈な個性を予感してしまう。

明るいガーネットでベリー系の香り樽香は全く無し。
軽いボディ、爽やかな酸味と柔らかいタンニンで飲みやすい。

強烈な個性どころか、あっさりライト系。
杯を重ねるにつれ果実の甘味が増し良い感じだ。
鱸の檸檬焼きと合わせたけどローズマリーとかタイムのハーブ焼きにした方が相性が良かっただろう。

シラー50%、カリニャン30%、グルナッシュ20%
売価1200円だったが裏ラベルが剥がれていたので20%オフ
常時3桁で買えるなら定番にしても良いんだけど。

« 大阪城野外芸術コンサート2009 星空コンサート | トップページ | ルーションワイン »

コメント

裏ラベルだけで2割引はお得ですね。
南仏は安くて美味しいと言う掘り出し物が多いし。
でも、構成からは重そうですが、そんなにライトだったとは。

AKAさん
 そうなんです爽やかライトボディだったんです。
醸造法の差なんでしょうかネ。
 気温が上がれば、少し冷やし目で飲んだら美味いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーションワイン:

« 大阪城野外芸術コンサート2009 星空コンサート | トップページ | ルーションワイン »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun