jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の13件の記事

ロワールワイン

WindRun東海の練習会で10kのビルドアップ走(5'00-4'30)。
1kインターバル5本の後だで脚はダルダルだったが、欅並木を通る風が心地よくて爽快。
練習後は茶話会、走ったより長時間盛り上がった。

M治屋に寄って夕食を物色、賞味期限5月末のガンボゾーラとバジルピザを半額でGET!
メインがこれなら飲み物はワイン、野菜系にトマトと茄子の柚子胡椒サラダを足して帰宅。

Cimg1145 ラ・ゴートリ2007 カベルネ
トゥーレーヌ クリスチャン・ブニエ

グラスに注いでビックリ、色が薄い。 10年選手のような茶がかったルビー色でグラスの向こうが透けて見えるくらいだ。
香りはベリー系の甘い感じでそう悪くはない。

キリンカップでは前半30分で2点と日本代表の調子が良い。
早速、祝杯!

飲んでみるとタンニンはごく弱く、アルコール入り甘くない葡萄ジュースというフレッシュさ。色から受ける古酒然としたイメージと全く違う飲み口のギャップが面白い。
少し冷やした方が美味しいだろうと残りは冷蔵庫へ。

窓を開けていると爽やかな風が入り、少し冷やした赤を室温で飲むには最適。
色が薄いとかジュースみたいという文句は、調子の良いサッカー日本代表の試合を見ていると忘れてしまい、クイクイと杯を重ねる。
4点目が入いる頃は1本空いてしまった。

900円 

地中海料理アッラ・パーチェ

Cimg1166 福島路地裏に在って発見困難度A級レベルの店の一つアッラ・パーチェ

ギリシャ料理とワインがお目当てで何度か通っており、今日の狙いは季節限定メニューのカプレーゼ。

Cimg1168_2 フレッシュバジルと有機トマトが採れるこの時期だけのメニュー。
水牛のモッツァレラはコクが有って、旬のトマト、バジルとの相性は抜群。
通常のカプレーゼの用に薄く切ったりせず、オリーブオイルと和えるのがシェフの技で素材が見事に活かされている。

Cimg1169ミソス
ギリシャビール

ギリシャ料理はオリーブオイルをふんだんに使うので、ギリシャのビールはカプレーゼと相性が良いだろうと思って注文。

弱めのホップがオリーブオイルやバジルの香りと喧嘩せず良いバランスだ。
それでいてコクはしっかりあるので、ビール自体も味わって飲める。

ワインもこのノリで地中海はキプロス島の地葡萄ジニステリで作った白ワインをチョイス。

Cimg1167 オリンポス

黄緑がかった色でスッキリとした辛口でピノグリに似た味わいがある。
酸味ミネラルは軽く、ハーブが効いた魚貝料理に良く合う。

ゲミタスというトマトやピーマンにリゾットを詰めフレッシュミントを効かせたギリシャ料理と良くマッチした。

これで二人で6000円、満足満足。

ランニングシューズのサイズ

Cimg1154 左からミズノ社のイダテン26.5cm、アディダス社のアディゼロCS27.0cm、アシックス社のターサーアリビオスリム27.5cm。

どれも足入れして自分にピッタリのサイズを選んだ。
見た目も同じ大きさに見えるが表示サイズは1cmも違う。

長さ以上に気を使うのが幅、踵の締まりと踏みつけ部のフィット感をポイントにしている。

踵の幅はアリビオ>イダテン>アディゼロだがヒールカップの形状が合うのはイダテン。
アディゼロはカップのカーブが弱く、蹴り出し時に踵が浮くので靴紐をダブルアイレットにして補っている。

踏みつけ部の幅はイダテン>アリビオ>アディゼロ。
アリビオはアッパーの余裕が大きく、折角の細身の幅が活かせていない。
逆にイダテンはアッパーにもう少し余裕が欲しい、甲高の足だと紐の長さが足りないだろう。

本当にサイズ表示はメーカーに選って随分違うし、同じメーカーでもシリーズで違う。
ヒールカップは手で作るからだろうか、踵の締まり具合は同じサイズの靴でも異なる場合がある。

靴だけは履いて(走って)みないと判らないので通販では怖くて買えません。

第27回尼崎陸上記録会

Cimg1155 尼崎陸上記録会の5000mの部に参加した。

会場の尼崎市立記念公園陸上競技場はJR尼崎駅から西へ500m、徒歩15分ほど。
ロッカーは100円戻り方式、温水シャワーは無料と設備面は恵まれている。

2組(19分00~20分30)でエントリーして20分切り、出来れば19分10秒を目標にした。
2組のスタートは19:20、アップしていると楽ランの若手のホープM君と遭遇。
4組で16分台を目指しているそうだ。
流石フルで2時間30分切りを狙う人はレベルが違う。

Cimg1160 5分前に最終点呼、参加は26人。

先頭集団はスタートから200mを45秒で刻むのでピッタリ追走。
2kまでは余裕だったが6週目に入る頃からストライドが伸びなくなってくる。

足でトラックを押す意識を強くしてリズムを掴むが、こんな脚に力を入れた走りで後半保つか不安になる。
3kを過ぎると集団を引っ張っていたメンバーが落ちだしたので自然にトップで引っ張る形になってしまう。

足の付け根に負担を感じながらもストライドを大きくとることに集中して何とかペースを維持。
残り2周となったところで数人がスパートを始めるが、自信が無いので自重。

残り1周の鐘を聞いてスパート! 最後は喘ぎながらゴール。
ゴール直後に止まったら目がチカチカしてきたのでJOGで1周して呼吸を整える。

結果は19分11秒で目標通りのペースで走れて満足。
後からラップを見ると最後はスパートしたつもりなのにペースは上がってませんでした。

1k    3分48秒
2k    7分37秒 3分49秒
3k   11分30秒 3分52秒
4k   15分22秒 3分52秒
GOAL 19分11秒 3分49秒

フルマラソン1歳刻みランキング

ランナーズを年間購読している友人から「ランクインしている」と教えて貰った。
去年は数日経ってから書店に行って売り切れていたので今年は発売日にGET。

一つ歳をとって記録を2分縮めたら93→53位に40もランクアップしている。
素直に嬉しい。

この記録なら2歳下でも100傑入りできるようだ。
この記録をキープできれば10年後にはTOP10入り!
記録集を見て色々と想像するのも楽しい。

去年は申込み忘れた記録証、今年は注文しなくては!

新型インフルエンザで関西は大騒動

身内の医療関係者から仕入れた話しです。

病院の受付で70代男性
患「新型インフフルじゃ無いか検査して下さい」
受「発熱とかされてますか?」
患「どこも悪くありませんが心配で」
受「それなら必要ありませんが」
患「どの病院もそう言って、診てくれません。これで3軒目です。罹ってないか心配で心配で夜も眠れません」

同じく受付で60代女性
患「検査御願いします」
受「発熱とかされてますか?」
患「咳が出るので、他の病院で検査してもらいましたが、陰性でした」
受「それなら当院で検査は必要ないでしょう」
患「あの病院は新型が出たら噂になるので私に嘘を言ってます。再検査して下さい」

マスコミであれだけ煽れば心配で疑心暗鬼になる気持ちは判らないでもないが・・・

近所の保育所(無認可)は現在も保育をやっています。
「預かっている子供さんや、同居人に感染者が居ない。 何より医療関係者の方は休めないので休園できない。」との理由。

「大阪府が休校を指示したのに不謹慎だ!」「子供を危険に曝す気か!」と何度も電話やFAXやメールで嫌がらせが有るそうです。

駅前のカラオケ屋は昼間から大繁盛です。
自宅待機しているハズの若者が平日昼割料金目当てで押し寄せているそうです。

お役所の対応って変?
本気で感染拡大を防ぐつもり?それとも、後で何か言われないためのポーズ? 

ドーナツバーガー

Cimg1152 ドーナツバーガーが2個で168円、ポテドが¥126。
モスドが直径5cmくらいボテドの長さは7cmくらいで「ちっちゃ~」という感じ。

ミニモニの二人を宣伝キャラクターに起用したのは頷けます。

モスドはバンズがドーナツでパテはチョコ、ソースはホイップクリーム、ポテドは芋っぽいチュロ。

味は予想したとおりの感じで、食べてみて意外性は無かった。
一ひねりあって「あ、成る程ね」というのが有れば人にも薦めるんですけど。

第18回安威川袖ふれあい駅伝

Cimg1151 受付13:00、開会式13:30、スタート13:50。
阪急梅田駅12:20の特急に乗り、茨木で普通に乗り換えて1駅の総持寺から歩いて15分なので、開会式には充分間に合う。

今年の参加は38チーム、総勢190人。

Cimg1150 男が1,3,4区で4k、女(女装可)が2,5区で3kの計18kを5人で襷をつなぐ。
手作り感いっぱいのローカル大会なのに何故かレベルが高く、上位は1時間を切り、最終38位でも1時間30分で走りきる。

今年の担当は1区、各チームのエース級が登場するので速い速い。
最初の1kを4分5秒のペースで走ったら、後ろには2,3人しか居ない。
これはイカン!とペースアップして頑張ったがオーバーペースで落ちてくる5人ほどを抜くのがやっと。
15分30秒の27位で2区に襷を渡した。

最後の400mは年甲斐もなく懸命にラストスパートしたのでゴール後は目がチカチカ。
久しぶりに目一杯走った感、を味わうことができた。

駅伝後は恒例焼きそばパーティー、走友の2チームと合同で15人で大いに盛り上がった。
これがあるので駅伝は目一杯頑張ってしまう。
河原の野宴で1時間、本当なら一風呂浴びて2次会に突入したいのが、夕方から用があったので泣く泣く断念。

ラングドックワイン

3日連続で最高気温は30度を超え、日が暮れても路面から熱気が有って、夜ランでも真夏のような暑さを感じます。
ポツポツと雨が降る中を「涼しくなるのでOK!」とJOGを始めましたが、30分ほど走るとザアザア降りになってしまい、早々に退散です。

シャワーを浴びて着替えを済ましTVを点けると「下柳力投、金本サヨナラ本塁打、球団7000本」のスポーツニュースが報じられてます。
早速祝杯の準備、窓から涼しい風が入ってきているのでビールでは無く赤を開けました。

Cimg1053ドメーヌ・サン・クロワ2005
カベルネ・ソービニヨン VdPコード・デ・トング

濃いルビー色でエッジまで紫、香りはソフトでドライフルーツのラズベリーで少しコーヒー豆のような香ばしさも感じます。

カシスやラズベリーの果実味は軽めのタンニンとのバランスがよく、落ち着いた雰囲気があります。 余韻がしっかりとしているので飲み応えはあります。

2杯飲んだところで夕食、雨でスーパーに行くのが面倒なので買い置き品で適当に空腹を癒し、後はチーズとナッツでワインをチビチビ。

1時間ほどグラスに注いだままにしていたワインは随分印象が変わってました。
飲み始めに感じていたラズベリーのような酸味系の味わいが、ドライプルーンや金柑の砂糖漬けのような甘味系・柑橘系の甘味系に変わっています。
最初は舌触りが柔らかいので軽く感じたタンニンも、しっかり感じます。

温度が上がったからかでしょうか、自分の好みの方に変わったので満足です。
葡萄品種はカベルネなんですが、グルナッシュやシラーのような感じでした。

900円 

グルジアワイン

前回のグルジアの夕べの会場はソ連領事館。
遠い日本では本国の政治情勢など忘れて・・・という訳にもいかず、今回は場所を変えての開催だった。
新聞を賑わしている政治情勢はともかく、異国の地で故郷を心配する気持ちは何処の国の人間でも同じ。
そんな時だからこそ、友人と楽しもうと企画されたグルジアの夕べ、料理&音楽は変わらず素敵だった。

GW明けに今度はグルジア内紛の記事が目に付き、友人の家族の無事を祈念して、パーティーで供され、美味しかったので買い求めていた1本を空けることにした。

Cimg1141_2 サペラヴィ NV

グルジアはカヘチ地方のサペラヴィ種100%の使用。

濃いガーネットでエッジは透明、黒いベリーと甘草のような香りがする。
飲んでみると熟した黒いちごの風味を感じ、酸味がキリッと締まっている。
なめらかなタンニンと酸味が味の特徴で、薬草のような余韻が鼻に抜ける。

締まったボディと固い骨格からドライな辛口な印象。
グルジアの夕べで供された羊料理やヨーグルト料理には最適で美味しく感じたけど、これだけで飲むのは厳しい。

2000円 皆さん無事でね~。

オーストラリアワイン

GW恒例の吉備路マラニックは鬼ノ城(きのじょう)・岩屋など北吉備を走ってきた。
総社から砂川公園を経由して鬼城山(きじょうざん)山頂まで、往復15k高低差400mのコース。
古代史の浪漫に浸ってのんびりと巡ることができた。

午後は勤労奉仕、庭の雑草抜き、芝刈り、車庫の整理・・・、腰を屈めての作業が続き、腰に堪える。
一人暮らしの老義母には難しい家事をこなすのだが、こちらもそう若く無く、普段使わない筋肉を使うのは大変だ。

マラニックで疲れた脚、慣れない作業で凝った身体を癒す、イヤ麻痺させるのはアルコールが一番。

Cimg1079_2 ブッラクストーン パドック シラー2005

オーストラリア南部アデレード近郊のマクラーレン・ベール産。

濃いガーネット色でプラムやブラックベリーの香りと少々の樽香がある。
先ず豊かな果実味を感じその後に酸味が追っかけてくる、鼻に抜けるスパイシーな余韻はユーカリ?かな。

オーストラリアのシラーズには珍しく、舌触りは柔らかでボディの豊満さ力強さが際だつ。

メイン料理は鴨のコンフィ、その油脂に負けない強さが有って、良い取り合わせだった。

20豪ドル

ターサー アリビオ

Cimg1142 レースシーズンが終わったので春夏の練習用に「ターサーアリビオスリム」を購入、早速RUNしてきました。

前作のターサーデユアルと比べると、地面を捕らえる感じが安定性を増し、接地時に吸い付くような粘りを感じます。
蹴り出しの反発も増し「ターサーJAPAN」に近い感じです。

Cimg1143_2 一番気に入ったのは踵の締まり具合です。
左のデュアルと比べて明らかに作りも丁寧で、ヒールカップが踵を立体的に受け止めてくれて、紐で締めなくても踵が浮き上がる感じがしません。

ラストの変わっているのでしょうアーチ部からヒールにかけてのフィット感が良くなってます。
アッパーのアシックスラインは固い素材ですが、上手く足の小指部分を避けてデザインされていて、あたりは気になりませんでした。

裏は中足部にベンチレーションが有るので雨上がりは浸水するでしょう。
こんなの有っても無くてもシューズ内の温度は関係ないように思うのですが、どうなんでしょう。

シュータンには 『虎走』 と印字され、意味はターサーのことです。
もともとターサーとは『タイガーレーサー』の略なので成る程です。

アシックスの幅広指向が嫌でミズノやアディダスに選っていたのですが、こんなモデルが続くようなら戻っても良いかなと思いました。

プロバンスワイン

冷や奴、人参と南京の温野菜サラダ、納豆、ヨーグルト、卵入り即席味噌汁など夕食は冷蔵庫の決算大処分セール。
GWで帰阪するので冷蔵庫の霜取りを兼ねて空にしたが結構な量になった。

定時に帰宅して部屋台所の掃除、ホットカーペットなどを仕舞い冬物と夏物の入れ替えで作業完了。
一風呂浴びてサッパリしても未だ8時、単身だと案外早く片付くもんだ。

食事は在庫品処分と決めていたので買い物に行かないつもりだったけど、一段落したら一杯やりたくなりアルコールだけ補給しにスーパーへでかけた。
こういう時に限ってやってる大安売り、「冷凍食品半額」「卵88円」のPOPを横目に酒売場へ。

余分な買い物しないように持って出たのは500玉1個だけ、ビール2本程度にしようと思っていたが、特価498円ワインを見つけた。

Cimg1128 ル・カヴァリエ ルージュ
JJモルチェ

ラベルにはVDTとあるが、ビンテージ無しの安ワイン。

ガーネット色で香りはベリー系のフレッシュな感じ。
ライトボディで酸味、果実味のバランスは適度、少しタンニン分も感じて、案外いける。

日中暑かったが湿気が無くカラッとしていた分、日が沈んだら爽やか。
窓から入る風も心地よい、こういった気候的要素もあって美味しく感じるのだろう。

明日は午前中に残った仕事を片づけて帰阪、連休中は天気が良いという予報なので嬉しい。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun