jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の11件の記事

プーリアワイン

連日の真夏日で暑熱馴化できていない身体はダルダル。
暑さを避け1時間早く9時にRUNスタートしたのだけど、気温は既に28度を超え10時には30度直前になっていた。
もう1時間、いや30分は早くスタートしないと持たない。

15kのペース走を予定していたのだけど、給水を取りながらの5kペース走3本になってしまった。

暑い日は暑い所の酒が良いだろうと南イタリアのワインを抜栓。

Cimg1173プリミティーボ・ディ・マンドゥリア2006 
ポッジョ・レ・ヴォルビ

明るい赤紫色でドライフルーツのプラムの香り。
口に含むと果実味がいっぱいに広がる!甘味さえ感じさせるほどの果実味のヴォリュームがある。
タンニンは柔らかく口当りは滑らか、ラベルのイメージのような清潔感あるグリーンな風味があって、モダンなテイストを感じた。

2005年はドライフルーツの詰め合わせ!といったイメージがあったけど、2006年は少し控えめになっている。

1300円

カヴァ

暑くて走る気がしないので御褒美に泡を設定してインターバル走を敢行。
ネガティブラップを刻んで充実の練習!と終わりたかったが、やっぱり最後から2本目のタイムが落ちてしまった。

Cimg1175_2セグラ・ヴューダス ブリュット・リゼルヴァ

濃いめの金色で泡は細かく、花梨や洋梨の香りがする。
舌触りは滑らかで、洋梨の果実味があって爽やかな酸と良いバランスだ。

TV番組「世界バリバリ・・・」で、ドンペリ、モエと飲み比べて、司会者、出演者が「これがドンペリ」と間違った、らしいが。
そりゃドンペリ飲んだこと無いからでしょう!

モエと間違うなら判るけど、ドンペリの柔らかい舌触りや細かい泡とは明らかに異なる。
味もドンペリの方が蜜系のニュアンスが強く、骨格も締まっている。

このクラスの泡物にありがちな変な甘さは無く、ふくよかな飲み口でコスパは高い。
モエ1本買うくらいなら、これ3本買います。

1200円 

バケツプリン

Cimg1209 バケツプリン

バケツにいっぱいのプリンを食べるのが子供の頃からの夢だ、と話していたのを息子達が覚えていて父の日にプレゼントしてくれた。

Cimg1210 プリンは底面の直径15cm、カラメルソース乗った部分の直系が11cm、高さは自重で多少へちゃげて11cm。
容量は1リットルと普通のプリン15個分。

形を保つためにゼラチンが多いのだろう口当たりはツルンとして、味はアッサリ系。
洋菓子屋の焼きプリンに比べるとコクが少なめ、プッチンプリンよりは卵や牛乳の風味がある。

カレー用の大きなスプーンで取って、口一杯にプリンを入れると、鼻にバニラ香が抜ける。
普通サイズのプリンをチマチマ食べるよりズッと美味しい気がする。
10分で完食してしまった。

トスカーナワインとフリッタータ

居酒屋「のぞみ」の新メニュー「野菜畑のフリッタータ」by落合シェフのイタリアンレシピ

玉葱をオリーブオイルで炒め、ナス、ズッキーニなど夏野菜を加えて野菜炒めを作り荒熱を取っておく。
塩茹でしたジャガイモ、トマトを加え、おろしたパルミジャーノと卵を加えて焼くのだが具材に比べて卵の量が少なく大阪風お好み焼きのように見える。
柔らかいスクランブルエッグの状態になった所でアーティチョークの薄切りを乗せ、ひっくり返して両面を焼いてできあがり。
本来は中までしっかり熱を通すのだが、オムレツ風に中はトロっと仕上げて貰った。

イタリア料理なら一緒に飲むのはイタリアワイン。

Cimg1149フラッシネ キャンティ2007

明るい赤紫でエッジは透明、軽いプラム系の香りがする。
爽やか酸味を先ず感じ、プルーンのような果実味が後からやってくる。
タンニンは弱く全体的に華奢な感じがする。

ワインの軽めの口当たりと酸味がフリッタータの野菜の味と良い感じのバランスだ。
料理が重かったらワインが負けるし、ワインが芳醇だったらフリッタータが負けるだろうし、良い感じの力関係でもあった。

900円 カジュアルに飲みたいときに

ラングドックワイン

夕立の後、涼しい風が吹いてRUNには絶好のコンディション。
家の前まで帰って鍵を職場に置いたままにした事に気が付いた。

こんな時にかぎってスーパーで買った大荷物、98円均一セールでキャベツ1玉、人参3本、卵10個、牛乳1リットルなどなど。
職場に持っては戻れないのでドアノブに引っかけて鍵を取って戻って来ると、ノブから袋が落下していて、卵が4個負傷していた。

もう走る気が無くなって、一杯飲んで寝ることにした。

Cimg1172_2メゾン・ベシエール“キュヴェ・サングリエール”ルージュ
ラングドックVDTのNV

明るい赤紫で色は薄め、甘いベリー系の香りがする。

タンニンは細かくて舌触りは滑らか、ドライフルーツ系の果実味があって口当たりが軽い。

割れた卵で作ったプレーンオムレツでクイクイと杯がすすむ。
カリニャン55、グルナッシュ30、サンソー15と南仏系のセパージュは少し暑くなった最近の気候にあう。

500円 この値段で文句はありません

ベルジュラックワイン

走り出したけど気乗りがしないのでストレッチして戻ってきてしまいました。

ぼんやりTV見ていると鳩山大臣の辞任の弁が「正義が通らない・・・」。
「麻生擁立で動いたけど見切りをつけたか!」「民主への鞍替えか!」なんて勘ぐってしまいます。

最近言葉が耳に素直に入ってきません「何でこの人はこんな事を言っているのだろう?」なんて思ってしまいます。
精神的に落ち込んでるな、と感じてます。

テンションが低いのでワインをかっ喰らって寝ることにしました。

Cimg1147 シャトー・レ・サン・アマン2005
AOCベルジュラック

ベルジュラックはボルドーの近くに在ってワインはボルドー風だけど値段は多少安めです。

濃いルビー色でエッジは茶色味がかっていて、プラムの香りにサラミの様な燻製香が少々混じってます。

飲んでみるとタンニンは柔らかくなっていて舌に優しいけど、がっしりと迄はいかない骨太感があります。
酸味は適度に押さえられていて、プラム系の果実味が印象に残り、スモーキーな余韻が鼻に抜けるのが特徴です。

晩御飯に買った鶏照り焼き弁当の鶏に合いましたが、付け合わせに入っていた金時豆と一緒に飲むと抜群でした。

メルロー50 ソーヴィニヨン40 フラン10
1500円

ボルドーワイン

ノー残業デーで早帰りしたけど雨なので休足。
ということで、ゆっくりワインでも飲もうとスーパーで買い物をして帰宅。

Cimg1148シャトー・カスト2005
ボルドースペリュール

濃いガーネットでエッジは透明、プラムとハーブ系の香りがする。
タンニンは柔らかくて細かく、舌の上をスーッと通っていく。

酸味は余り強くなく、プラムとかカシスといった果実味が勝っている。
メルローが多いので全体的に丸く感じるのだろう、おとなしい印象をうける。

ピリ辛系のサラダと飲んだのだが、唐辛子系の辛さにワインは合わない。
ワインを飲むときには酢の物系、唐辛子系は避けた方が良いな。

1000円

初甲子園

Cimg1179父の日のプレゼントでリニューアル甲子園にソフトバンク戦に連れて行って貰った。
1塁側みずほ銀行シートの3段目で目線がグランド と同じで大迫力。
打球や捕球の音が良く聞こえる。

Cimg1180 座席もゆったり、足下も広く、テーブルも付いている。
内野席全体を覆う銀傘が試合開始の頃には影をつくってくれ、風が吹き抜け最高の観戦日和だ。

Cimg1188 飲食スタンドもスケールアップしてスイーツステーションが新設されている。

いくら球場が良くなっても一番は試合内容。
杉内、能見の好投で締まった試合が進む。

Cimg1196_2 9回裏1点のビハインドで1アウト満塁、バッターは金本。
一塁手手前で大きくバウンドしたボールは目の前のフェアグランドに落下。
見事なサヨナラ勝ちだ。

最高の父の日プレゼントになった。
ありがとう。

アサヒ・ザ・マスター

Cimg1177 アサヒ・ザ・マスター

本場ドイツビールとうたっているが、ピルスナータイプなので色は薄い黄金色。
泡はきめ細かく、ホップの香りがきいている。
この辺りは発泡酒と違ってやっぱりビールならでは。

舌触りはスッキリして鼻にホップが抜ける。
最初の口当たりはKIRINのラガーに似ている。

コクはそれほどなくホップの苦味が余韻として喉に残る。
アサヒ熟撰のよりコクや骨太感は無く、DRYよりはホップの苦味が効いて喉で飲むタイプのビールでは無い。

何でこのタイプを夏前に出してきたのかは判らない。
秋~冬にかけて味わうビールだと思うけどな。

秋まで保っていれば涼しくなってから再度味わってみたい。

長野ワイン

雨は上がったけど思い切って休足。
長野マラソンのお土産に買ったワインを開けた。

Cimg1129 井筒ワイン シルバー メルロー 2002

茶色がかったルビー色でエッジは透明、ラズベリーやチェリーの香りに掘り起こした花壇の香りが少し。
メルローなのに陰性のピノ?と思える香りがする。

飲んでみると丸いタンニンと弱い酸味と果実味、7年物で死んでいるのか?閉じているのか?
国産ワインの代表選手、桔梗が丘メルローがこんなに早く逝くわけがない、と信じてグラスに注いで放置することにした。

夕食後、ベリー系の香りが起ち、果実味が増してきた。
花壇の土の香りは良く言えばトリュフ、悪く言えば腐葉土だが、果実味が起ってきたので奥へ引っ込み気にならなくなってきた。

サンテミリオンのメルローに比べると、ぼんやり感がある。
上手に表現すれば、優しい感じとも言えるけど、もう少し骨太さが欲しい。

2000円

ルーションワイン

水曜日は早帰り&ポイント練習の日だが、ここ1週間休足していないので何となく脚が重い。
練習中の学生に引っ張ってもらおうと、時間帯を合わせて公園に行ってみたが誰もいない。
モチベアップの為、自分への御褒美に「スイーツ&ワイン」を設定して1kインターバル走に取り組んだ。

目標は4分切り&ビルドアップ。
1本目3分55秒で入ってしまったので2本目以降はセコく微調整しながら5本目の3分45まで、何とか目標達成。
それでも5本目終了したときは酸欠で目から☆が飛びました。

走り方がセコかったので御褒美のスイーツもセコく、スーパーで特価98円の○○家のダブルシュー。

Cimg1144 レキュム・デ・ジュール2006
コート・ド・ルーション・ヴィラージュ

色はガーネットで香りは弱く杏のドライフルーツのような甘い感じ。
タンニンは丸いというか弱いというかアッサリ軽い飲み口。

最初にフルーティーな甘さを舌に感じるが、徐々にビターさが勝ってくる。

シュークリームをちょっぴり囓りながら飲む。
生クリームとは合わないけどカスタードクリームとは良い感じで合う。
バニラ香がうまくマッチしているのかな。

1200円 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun