jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の9件の記事

ローヌワイン

桜が開花した途端の花冷えで日中の気温が9度。
陽が照って風もないのに長袖タイツでないと寒くて走れません。
春祭りが始まった名城公園で10k超のペース走でしたが汗一つかきませんでした。

個人練習だったのですが呼びかけたら10人も集まって大盛況でした。
4日ぶりの晴れだったので良いタイミングだたのでしょう。
3分咲きの桜の下で楽しく走ることができました。

楽しく走った後はアルコール!まだ寒いので赤ワインにしました。

Cimg1418_2 レ・ゼール2007
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ
エステザルグ協同組合 

赤紫色で干し葡萄の香りがします。
タンニンは柔らかくて、果実味はドライフルーツ的な凝縮感と甘さを感じます。
酸味は爽やかでスパイシーな余韻も有って涼しげな飲み口です。

生産者のエステザルグ協同組合は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置していますが、南仏ワインにありがちな暑苦しさはありません。

世界史でアヴィニョンの屈辱を習った記憶が有りましたが、歴史的背景など綺麗サッパリ忘れていたので、もういちど読む山川世界史 で復習しました。
学生時代は教科書を読むのは苦痛だったのですが、この歳になって読み返してみると結構面白いですね。
今なら授業に身を入れて聞けるかもしれません。

1800円 

生駒の後はインドワイン

昨年の紫陽花のシーズン以来、生駒ボルダーを走ってきた。
ふれあいセンター行きのバスは100円になっていたが、それ以外は昔と同じ。
管理道路ばかり走っていたので十三峠からは縦走路で戻ってみた。

一人分の道幅で結構なアップダウンが在り、普段は使わない筋肉を酷使したようだ。
脚の付け根や腰の下に結構なダメージがある。
いつものように筋肉痛はアルコールで誤魔化す。

Cimg1475スラ・シラーズ2008

濃い紫色で、黒胡椒の香りが特徴的。
一口飲んで未だ硬い感じがしたが、果実味はたっぷりで風味はオーストラリアのシラーズ似ている。

インド料理店に入ったときの空気を感じ、行ったことは無いがインドらしい雰囲気がある。

1時間もしない内に香りがよりスパイシーになり、味に膨らみが増してきました。
抜栓直後に感じた硬さ平板さが無くなり、豊かな味わいに変わりました。

1500円 インドも侮れない

懸賞生活 美術展入場券

Cimg1473 新聞社が主催する美術展の入場券、昔は集金の時に徴収員におねだりすると頂けることが多かった。
最近は「葉書で抽選に応募してくれ」とそっけない。
手元に葉書が無かったりで今まで一度も応募したことは無かった。

近所にルノワールが来るので年賀葉書の余りで申し込んでみたら2週間ほどで入場券が送られてきた。
奈良の大遣唐使展やデパートの割引チケットなども同封されていた。

スポーツやイベント観戦と違って美術展などは期間も長いし当選確率は高いのかもしれない。
これから面倒がらずにコマ目に応募してみよう。

ボルドーワイン

久しぶりに水曜練習会で走ってきました。
レースが在ったので2、3月は参加できていなかったので久しぶりにフルメニューこなそうと出掛けました。

本日のお題は400m10本と1000m1本、始めてのメニューです。
400のペースが判らず速い人に連れられて突っ込んでしまい1本目79、2本目80秒。
3本目は脚が動きす90秒、8本目でつなぎJOGと変わらないペースになったので止めました。
速く走るのは難しいです、夏までにフルメニューこなせるよになりたいです。

ペースを上げて走りハムが痛いのでアルコールで麻痺させることにしました。

Cimg1417 ラ・カバネット2006
AOCメドック

赤紫色でエッジまで濃い色合い、香りは弱めでベリー系です。
タンニンがこなれていないのか舌にザラつきます。
カシスの果実味がありますが酸味が勝り、若い感じのワインにあるような味わいです。

AOCメドックなのに深みや複雑さはありませんが、ライトな飲み口なので飲みやすいタイプです。
980円という値段相応だと思います。

大池公園ラン→名古屋国際女子応援

東海市の大池公園を走ってきました。
1周1.9kのランニングコースは3回のアップダウンが在ります。
7分で周回したら3周でバテました。
コースの様子はアルバムにしました。

周回コースから片道2.5kの平州・大仏コースに入ることができます。

Cimg1471
メルヘンの森

Cimg1472
儒学者、細井平州は上杉鷹山の師
東海市のキャラクターへいしゅうくんのモデルです

お昼からは名古屋市に戻って国際女子の応援です。
地下鉄乗り放題の土日エコ切符で4カ所巡って声援してきました。

ラン友の懸命な姿を見て元気を貰いました。

名城ラン&ボルドーワイン

脚のダメージが軽くなったのでラン再開は名城公園です。
Cimg1447
白い馬酔木(あせび)の花
Cimg1448
赤い木瓜(ぼけ)の花
Cimg1451
黄色いミモザの花
早春の花を愛でながらの癒しJOGです。

ワインも減量のストレス無く飲んでます。

Cimg1404

シャトー・ロック・ミニョン2007
ACボルドー

明るい紫色でチェリーやプラムの香りがします。
舌にタンニンのざらつき感が少し有りますが口当たりは軽く、果実味はふくよか系です。
酸味は弱く、スパイシーさが加わった余韻があって、3桁ワインとしては充分な味わいです。

ロックフォールがグラム800円と安かったので買い求めて合わせました。
量り売りのチーズは完熟すると早く売り切るため安くなるので狙い目です。

残念ながらワインの力負けです。
ロックフォールは羊乳から作るブルーチーズなので濃厚なコクとシャープな青カビ味が特徴なので、もっと強いボディのワインの方が良かったようです。

990円 低めの温度でガブ飲みしましょう

第30回篠山ABCマラソン

Cimg1444今シーズン最終レースの天気予報は時雨。
更衣室が満員になるので例年より早い7:06大阪発の快速に乗り込みました。
7時前でホームには長い列が出来、大阪駅始発だが後ろの人は座れ無かったようです。

Cimg14469時前の市役所は既に満員で1時間も前に来ていた走友に場所を空けて貰って何とか更衣。
気温4度で時雨模様、速く走れる体調でも無いので、防寒対策で長袖、タイツにしました。

スタート15分前にグリッドに入ると、前から20列目くらい。
記録は狙えないので無理に前には出ません。

スタート~10k
10:40定刻通りスタート、ゆっくりペースなのに前の方に並んで居る人が多く1kまではジグザグ走行を余儀なくされます。
3人並列でお喋りしながら走路を塞いだり、突然コースを変え応援者とエールを交換したり、マナーの悪いランナーが目立ちます。
2kを過ぎる頃から4分20秒のペースで走れるようになりました。

10~20k
楽しみにしていた15k手前の黒豆茶エイドでお茶をいただき、篠山城址に戻る18k地点に向かうに連れ応援が多くなります。

20~30k
21kを過ぎる辺りからコース一番の上りに入り、23kのピークに向けて勾配がきつくなります。
リズム一定を心がけ無理にペースは維持しません。
23kから一気に下り交差点を左折すると30kまでダラダラと上りますが、ここも無理にペースを維持しません。

30k~ゴール
31kを折り返すと、例年向かい風に悩まされるのですが今年は珍しく追い風です。
下り基調のコース、すれ違いの走友とのエール交換と相まって、良いペースで飛ばせます。
35kを過ぎると応援が無くなり、微妙な上り下りも有り、ペースは下降気味です。
気持ち的にはJOGに切り替えたかったのですが、最終レースだし、脚も元気なので最後まで走りきりました。

~05k   21:36 スタートロス9秒
~10k   43:00  21:24
~15k 1:04:46  21:46
~20k 1:26:12  21:26
~25k 1:48:53  22:41
~30k 2:10:11  22:18
~35k 2:33:30  23:19 猪汁エイド&トイレ
~40k 2:56:27  22:57
GOAL 3:09:46  13:19

結果は今期ワーストでした。

気温は低かったですが風が弱かったし、雨も大したこと無かったので、コンディション的にはマズマズだったでしょう。

今シーズンはハーフの記録は更新できましたが、フルの更新はならず、残念な結果に終わりました。
エントリーした全大会に出場でき、狙った大会では記録にチャレンジできたのは良かったと思います。

終わった、終わった。
暫く緩みます。

第26回阪神ワイン祭

Cimg1443 朝から雨なのでワイン祭りに突撃して来ました。

無料ティスティングできるワインが300種類あるのが一番のお楽しみなのですが、試飲会場の奥に別室が在って、ラベル擦れ等訳有り特価コーナーに掘り出し物があります。

ボルドー右岸の超有名シャトーのGOODヴィンテージがキャップシールが緩んで回るという理由で相当安くなってたり、古酒で液面が低くなっている特級畑が買えそうな値段で出てました。

例年午後に行くと入場制限になる人手があるのですが、雨模様のせいか午後1時の入場でも混雑は無く、銘柄を吟味する余裕がありました。

試飲は最初の10種類はティスティングコメントを書いていたのですが、次の10種類はコメントが一言になり、次の10種類は○×△の記号、それ以降はコメント無しになりました。
口づつの試飲でも40杯も飲むと結構酔っ払って良い気分です。

明日の篠山は寒くて天気も悪そうなので気持ちが今一のりませんが、今シーズン最後のフルなので楽しんで走ってきます。

ブルゴーニュワインセミナー

Cimg1441 アルチュール・バロレのセミナーで白3赤3の6種類をティスティング。
試飲だけのセミナーは敬遠する女将も、今回はワインに合わせた料理が響されるので一緒の参加となりました。

Cimg1436前菜、マスタードソースの酸味と昆布で締め平目のコクが良いバランス。
シャルドネ07プイィ・ヒュッセ06と合わせます。
単独だと味、香りともブイィの圧勝ですが、料理と合わせると爽やかな酸味のシャルドネの方が勝ります。

Cimg1437 魚、コンソメで炊いた大根の上に焼いた鰤、ソースはトマトベースで風味付けのバルサミコ酢がアクセントになってます。
ワインはピュリニー・モンラッシェ04ピノ・ノワール07
白のモンラッシェは豊かなコクがトマトソースと喧嘩するので、シンプルに塩味かレモン風味くらいの魚料理が良かったかも。
料理と一緒ではなく単独で美味しくいただきました。
赤のピノは若い感じの爽やか系だったので、料理と良くマッチします。

Cimg1438 肉、和牛ステーキの赤ワインソース。
合わせるワインはパストゥーグラン07ジュヴレイ・シャンベルタン07
ガメイの入ったパストゥーグランは濃いソースに負けてます、シャンベルタンは未だ固く飲み頃は4,5年先の感じです。

Cimg1440肉料理よりデザートのチーズケーキの方がワインに良く合いました。

09年ブルゴーニュの葡萄の出来は殊の外良かったようで、今回のセミナーで来日したバロレ氏は終始上機嫌。
「09年は拙いワインを作る方が難しいくらいだ」との事。

Cimg144209年のブルゴーニュは買いだな!と情報を仕入れつつ、女将の分も相当横取りして7~8杯は堪能しました。

これで心おきなく篠山に向けて禁酒、カーボ抜きに突入できます。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun