jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 懸賞生活 美術展入場券 | トップページ | ローヌワイン »

生駒の後はインドワイン

昨年の紫陽花のシーズン以来、生駒ボルダーを走ってきた。
ふれあいセンター行きのバスは100円になっていたが、それ以外は昔と同じ。
管理道路ばかり走っていたので十三峠からは縦走路で戻ってみた。

一人分の道幅で結構なアップダウンが在り、普段は使わない筋肉を酷使したようだ。
脚の付け根や腰の下に結構なダメージがある。
いつものように筋肉痛はアルコールで誤魔化す。

Cimg1475スラ・シラーズ2008

濃い紫色で、黒胡椒の香りが特徴的。
一口飲んで未だ硬い感じがしたが、果実味はたっぷりで風味はオーストラリアのシラーズ似ている。

インド料理店に入ったときの空気を感じ、行ったことは無いがインドらしい雰囲気がある。

1時間もしない内に香りがよりスパイシーになり、味に膨らみが増してきました。
抜栓直後に感じた硬さ平板さが無くなり、豊かな味わいに変わりました。

1500円 インドも侮れない

« 懸賞生活 美術展入場券 | トップページ | ローヌワイン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生駒の後はインドワイン:

« 懸賞生活 美術展入場券 | トップページ | ローヌワイン »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun