jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シチリアワイン | トップページ | 久々インターバル リオハワイン »

ペース走の後はロワールワイン

ダイトレで滑って尻餅をついて左指を捻挫したが、肋も捻っていたようです。
急に冷え込んだ影響で咳が出るようになり、咳き込むと右の肋に響きます。

布団に入ると身体が暖まると、ゴホン!とやってしまい痛みで悶絶。
右肋が痛むので左を向いた拍子に左指が身体の下になって悶絶!

自業自得とはいえ、辛い日々でしたが、2週間経って何とかマシになってきました。
走らない言い訳が無くなったので久しぶりにM嬢公園でペース走にトライです。

メニューは5kペース走3本、1本目5分30、2本目5分10と上げてくると、何となく右脚がギクシャクします。
3本目4分50に上げると2kを過ぎた辺りから右腰からハムにかけて痺れのような痛みが出てきました。

どこかを庇ってバランスの崩れたフォームになっているのでしょう。
暫くはユックリのペースで調整です。

右腰の痺れはアルコールで紛らすことにします。
ビールを飲む気温ではないので赤です。

Cimg1405 ブルグイユ・エポーレ・ジュデ・ルージュ2006
カトリーヌ&ピエール・ブレトン

明るいガーネットで柔らかい香りです。

少し粉っぽいタンニンを感じますが。腰は柔らかくて果実味が溢れる優しい飲み口です。

時間を置いても開くというイメージにはならず、粉っぽさが残ります。
この感覚はタンニンが溶け込んで無いからなのでしょうか?もっと熟成させてから飲んだ方が良いのもしれません。

« シチリアワイン | トップページ | 久々インターバル リオハワイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14802/47318720

この記事へのトラックバック一覧です: ペース走の後はロワールワイン:

« シチリアワイン | トップページ | 久々インターバル リオハワイン »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun