jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南イタリアワイン | トップページ | 飛騨高山へ食べ歩き »

ウイスキーセミナー

山崎のサントリー蒸留所へ行ってきました

Cimg1539

JR山崎駅から歩いて10分ほどで到着しました。

Cimg1542

蒸留所は日本では6ヶ所、西日本は此処だけだそうです。
単式蒸留でモルトウィスキーを作っていました。

Cimg1543

蒸留されたばかりのウィスキーは透明で、洋梨やバナナのようなフルーティーな香りがします。

Cimg1544_2

貯蔵室は樽の香りとアルコールの香りで溢れています。
森林浴+アルコール浴のようで離れたくなくなりました。

Cimg1545

工場見学の後に講義でテーマは「スイーツと山崎」。
セミナー室の机、椅子、全てウィスキー樽を利用していました。

Cimg1546

シングルモルトウィスキー山崎の10年、12年、18年をスイーツとマリアージュします。
スイーツは何れも名品で左上から、寶菓匠菅家の「金覆輪」、シトー会那須聖母修道院の「トラピストガレット」、K6の「ブラウニー」、永楽庵の「寶あわせ」、粕谷商店の「蜜入り落花生」、奈良吉野いしい「冷やし柿」です。

洋酒ですが日本の土地で作られたウィスキーの山崎は和菓子にも合いました。
特に、10年や12年は餡でもOKで、ウィスキーを今流行りのハイボールにすると抜群です。
餡が口に残った状態で炭酸の泡が口中ではじけ、ウィスキーの香りが広がります。

ウィスキーにはチョコやナッツしか合わせたことが無かったので新たな発見でした。

山崎蒸溜所 来場証バナー

« 南イタリアワイン | トップページ | 飛騨高山へ食べ歩き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイスキーセミナー:

« 南イタリアワイン | トップページ | 飛騨高山へ食べ歩き »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun