jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の13件の記事

血管年齢、骨密度、初計測

M嬢公園でポイント練習の帰路、自宅近くのコミュニティーセンターで健康フェスティバルが開催されていた。
健康診断のイベントで血管年齢と骨密度の測定を無料でしてもらえるので参加してきた。

身長・体重・体脂肪・腹囲・血圧を計って「メタボは大丈夫です」とのアドバイス。
「見りゃ判るだろう」との突っ込みは我慢、我慢。

尿検査では「塩分濃度が高い、塩の摂りすぎに注意」との事。
「20k走って脱水気味です」の言い訳は我慢。

お待ちかねの骨密度、足の踵に超音波を当て伝播速度を計ります
靴下を脱いで装置に片足を置いて1分で測定完了。

Cimg1727

測定結果はYAM(若年成人平均値)80%未満の「骨量減少」。
身長も1cm縮んだし予想はしてましたがショック。

「カルシウムを意志して摂取して運動してください」とのアドバイス。
ショックで「これ以上運動できません」との突っ込みは無し。

血管年齢は加速度脈波測定で、左手人差し指を計測器に入れて20秒。

Cimg1728

波形が良く31歳との結果。
先程のショックから一気に立ち直りました。

Cimg1729

お土産に糖質カットマフィンをいただきました。
糖質75%カットで213kcal。
「結構高カロリーやん」と突っ込もうと思っていたら、先を読まれたようで「血糖値の上昇を抑える効果があるので・・・」と長々と説明を受けるハメに。
「ありがとう」の一言で帰れば良かった。

台風一過の遊園地

台風来襲の予報にも拘わらず長島温泉に遊びに行く計画を立て、上手く行きました。

まほろんは晴男、それも滅法台風には強く子供の頃から台風で休校になった試しが無いという強運の持ち主。
14号も台風の前にしか雨雲が無いのを見て「路面悪でRUNは出来ないけど遊園地は空いている!」と皆を誘いました。

朝8時には雨も上がり風も収まり曇天だけど寒さは無し。

Cimg1726

11時の長島スパーランドはガラガラで、普段の休日なら30分~1時間待つ人気の絶叫マシーンも客待ち状態。

Cimg1723

木製コースターのホワイトドラゴン15年以上は経っているでしょう、近くで見ると木製の梁はボロ。
乗った時の軋み具合なんか相当なもんで年々絶叫度が増してます。

遊園地で充分楽しんだら、お昼。

Cimg1486

女性陣がチョイスしたランチは流石お洒落。

Cimg1489

和洋折衷のメニューで、美味しかったです。
アルコールも少しいただきました。 幸せ!

折角温泉に来たので一風呂浴びたかったのですが、女性陣はお風呂より買い物、隣のジャズドリームの試作品・B品バーゲンセールに突撃です。
必要な物は無かったのですが、値段につられて上着を買ってしまいました。

よく食べよく遊び疲れました。

ラ・マンチャワイン

冷たい雨の一日、今日の最高気温は13度でスーツだけでは寒いと感じました。
明日は最低気温が14度で日中は21度になると天気予報が伝えています。
まだヒーターを準備する必要は無さそうです。

早く帰れましたがRUNは雨休にして部屋の掃除です。
フローリングに雑巾をかけたら真っ黒!掃除機だけではダメですねえ。
こんな所に寝転がっていたのかと思うと恐ろしい。

風呂も磨いて半年ぶりに湯船に湯を張ってユックリつかりました。
暖まった後はワイン!

Cimg1513 エストラテゴ・ティント レアルNV

何回も飲んでいるワインですが、いつの間にかスクリューキャップになってました。
簡単に開栓できて歓迎です。

熟した黒いベリー系の香りの中に八角に似たスパイシーなアクセントがあるのはいつも通り。
タンニンのこなれ、果実と滑らかな酸のバランスもいつも通りで安定した飲み口です。

安定した品質で期待を裏切らないワインは、ヴィンテージによる当たり外れが無く、工業製品のようで面白み欠けるという意見も聞きますが、どうなんでしょう。

「いつでも同じ味」というのも個性の一つで、そんなカテゴリーのワインが有ると安心して選べるので、歓迎ですけどね。

世界ビール紀行

今日は休足、休肝と昨日は強く誓ったのですが、
休足は簡単にできましたが、休肝は意志が弱くてできません。
飲まないでおこうと思っている時に限って限定品を見つけてしまいました。

Cimg1513世界ビール紀行 ドイツ メルツェンタイプ

泡立ちはよく、ホップの香りもマズマズ、少し濃い目の黄金色でいかにも濃ゆそう。

飲んでみると案外ふつう、麦汁ホップも濃くアルコール度数も5.5%なのに、後味もすっきりしている。
プレミアム系の国産ビールと同等ですね。

オクトーバーフェスに併せ9末に発売された季節限定品、まだ残っていたので試してみました。
値段相応でしょう。

次は11月末のプレミアム・ベルジアンエールこっちの方が期待できそうです。

30K走の後は阪神ワイン祭

今シーズン初の30kペース走です。
去年からお世話になってるモリテツ師匠の日曜練習会で9時から長居の周回路をスタート。
キロ4分30秒が目標ですが周りが25~28で刻むので付いて行きました。

10kまでは平気だったのですが5秒ペースが速いとキツく、20k手前の給水&トイレ休憩のロス1分が中々詰まりません。
10~20秒上げると追いつきますが、そのペースで後10kは持たない感じです。
25k過ぎてからギアを入れ替えて4分15にアップ、やっと集団に追いつきました。

一人で走ると追いつくためのペースを考えたりしないので皆と走るほうが良い練習になります。

Cimg1513_2

長居から駆けつけましたが13時を回ってしまい、場内は相当混んでました。

リストをもらって試飲開始、最初の20種類くらいは珍しい銘柄を見つけてはコメントを付けていましたが、それを過ぎるとただの飲んべえです。

気に入ったワインを残しておきます
シャトー勝沼泡:甲州のスパークリングらしく酸味とチョイ渋
ルチェンテ:ルーチェに似たネーミングとチケット、バチもんかと思ったら旨い!セカンドだったのね
エト・カルタETO CARTA.:イタリアなのに干支のチケット、でシャレのネーミング。日本向け受け狙いと思いきや、しっかりバディでいける

こうみるとチケットやネーミングにつられて飲んでます。

K氏の出場した勝沼ワインマラソンを羨ましく思ったので、勝手に浪速ワインマラソンです。
二日続けてワイン三昧、明日は休肝しなくては。

DRCさいとう氏のワインセミナー

Cimg1513

斉藤研一氏はDRCサイトウの名で、「神の雫」のアドバイザー&コラムを担当。
キャンセル待ち必至のワインスクール「サロン・ド・ヴィノフィル」を主宰。

ワイン業界の有名人なので参加してきました。

数々の産地を巡ったサイトウ氏が見た、ワインの現場と人々というテーマで白はソービニヨンブラン、赤はメルローを中心としたワインをセパージュ・産地・造り手で飲み比べです。

Cimg1717シャトー・トゥール・ド・ミランボーレゼルヴ・ブラン2009
ヴィエリス ソーヴィニヨン2008ヴィエ・ディ・ロマンス
シャトー・トゥール・ド・ミランボー グラン・ヴァン2008
シャトー・モンペラ2008
プピーユ2005
ラ・ジブリオット ジュヴレ・シャンベルタン2007
ジュスト・ディ・ノートリ2005

7本の飲み比べはキツかったですがサイトウ氏の「ここだけの話」というウラネタ満載で楽しく2時間過ごしました。

1は華やかでフレッシュ何の料理でも合いそう
2は驚愕の旨さ、参りました
3は丁度飲み頃、最初の一口目から旨し
4は一寸固め、一時期の突き抜ける旨さはなりを潜めた
5は未だ早かった、広大な畑のようなボディの強さはあった
6は難しい2007年の中では良い出来、流石クロードヂュガの息子
7は華やかで香りたっぷり、酸味の切れが抜群

酔っ払って簡単なメモしか残せませんでした。
ユーティリティプレヤーなら1,3、2は一度飲んでみる価値あり。

ローソンのティラミス

夜更けに無性に甘いものが欲しくなってコンビニに走りました。
最近のコンビニスイーツは充実していて下手な街のケーキ屋さんより美味しいです。
何より遅い時間帯に開いているのが助かります。

Cimg1712_3テイラミス ローソン  210円
この秋の新作です。

フレッシュなクリームと柔らかいスポンジで絶品です。
これで210円というのは驚き!

ただ、これがティラミスと言われると・・・。

マスカルポーネチーズのコクがありません、アマレットのようなリキュールの香りがありません。
個人的にはベースはスポンジよりビスケットの方がサクサクした食感で好きです。

ティラミスってもっとハードな大人のドルチェだと思うのですが、そっちの路線ではありません

春にイタリアに行った女将に聞くと「向こうでも様々、フレッシュ感覚の方が今の流行じゃないの、美味しけりゃいいじゃない」と一蹴。

確かに美味しいです、210円とは思えません。
イタメシのデザートに出て5,600円とられても納得の味です。

走りの不調はルーションワインで憂さ晴らし

名古屋ハーフまで一ヶ月あまり、その時には21kを4分を切るペースで走っているハズ。
だったら今の時期にこれくらい走れて当然と、10k1本+3k3本のメニュー。
10kを4分20くらいで走って脚に乳酸を貯めて、3kレースペースのインターバルです。

結果は轟沈、脚が重くて3kペースが持ちません。
4人に併走で引っ張ってもらっても2k過ぎるとズルズル後退。
何より粘ろうという気力が湧かないのがショックでした。

凹んだ気持ちは陽気な南仏の雰囲気で癒します。

Cimg1513_2ラ パッション グルナッシュ 2008

濃い赤紫の色、ジャムの様な甘い果実の香りにカカオのようなスパイスが混じります。

口に含んだ瞬間から、ベリーや熟したプラムの甘い果実味が広がります。
タンニンは円く、ボディの凝縮度が高くヴィンテージの割りにシッカリしています。

てるてる坊主のエチケットデザインが毎年変わるので毎年買っています。
てるてる坊主は「太陽が服を着ている」のだそうです。

06年は葡萄を足で潰し、07年は仲良く収穫している様子を描いていました。
08年は葡萄の選別かな?と思っていたら、また葡萄を収穫している処でした。
09年は葡萄を運んでいる様子です。

06、07年のフルーツ爆弾ような果実味は無いですが、骨太ボディで飲み飽きない出来上がりだと感じました。
果実の強さを抑えて醸造酒としての味わいを優先的に現したようで、好ましい変化だと感じます。

さて次はどうなっているのか?09年も売り切れない内に買っておかなければ!

チリワイン

地下からの生還、、もう3人退院されたそうで、何よりです。
大地震では対応の遅さで批判の有った新政権も目僕躍如でしょう。
少しでもチリのお役に立てれば!

Cimg1513_2 エコ・バランス2008
ピノ・ノワール
エミリアーナ・ヴィンヤーズ

ピノにしては暗めのルビー色、ブラックチェリーの香にカラメルが少し。

香りと色からは陰性ピノの予感でしたが、飲んでみるとチェリー系の甘く優しい果実味がいっぱい、酸味は少なく口当たりが優しい印象です。
タンニンは柔らかくミディアムボディーのピノというのが一番合ったイメージです。

適度な味わい、適度な余韻、後味もソコソコ。
3桁で充分楽しめました。

ボルドーワイン

10月の3連休は初日は雨、2日目は御見舞、ユックリ走れたのは最終日だけ。
6時起床で7時過ぎに出発、8時からポイント練習の10kペース走スタート。

気温は20度で心地よいのですが陽射しが強く、遮る木陰が無い河川敷は暑くて夏に戻ったようです。
何とか予定通りのペースで走りきりましたが、後は木陰の大川へ避難して走ることにしました。

大川の木陰は快適で3kのインターバル走3本も何とかこなせ、今日のメニューは完了。
途中、結構なペースで飛ばしているA氏に遭遇、並走してもらおうと声をかけたら「今から仕事なんでペース上げて走っている」との事。
STOPさせちゃって御免なさい。

午前中に走り終わったので、午後は家の片付け&用事。
鍋の緩んだ取っ手の交換、外れたドアノブの修理、流れの悪くなった流しの洗浄・・・、定年後は便利屋ができるかも。

夕方は息子夫婦の家におよばれに、そういえば今日は結婚1周年記念日。
手土産に赤ワインを下げて出かけました。

Cimg1393 ブリオー・ド・カントナック2004
AOCマルゴー

マルゴー3級のシャトー・カントナックのセカンド

濃いガーネットでエッジは透明、プラム系の香りに腐葉土のニュアンスが混じり、いかにも濃密なワインの予感。

香りの割りにアタックは柔らかくてカシスやブラックチェリーの果実味が豊かです。
タンニンは強くなく優しい飲み口ですが、余韻に皮製品を感じて、複雑さもあります。

息子達は「良い匂いがする」と誉めていましたが、1杯づつ飲んだだけ。
残りは全て美味しくいただきました。

Cimg1711

嫁の手料理、1年目にして始めて食べましたが中々のモンです。
新米主婦の手料理、期待していなかったのですが、見直しました。
1周年記念に「どっか食べに連れて行って」と言わないで「食べに来て」と呼んでくれ手料理を振舞ってくれたのが、何より一番嬉しかったです。

チリワイン

大阪に着く頃には雨は本降りになってしました。
折角の3連休なのに明日は1日中雨の予報、走らず休足します。

走らないと決めたら、飲まないと!

Cimg1513_2デル・スール・カベルネソーヴィニヨン2009

明るいルビー色でカシスの甘い香りに青い風味混じります。
若さを予感させる清々しい香りです。

ブッラクベリーの丸い果実味が特徴で葡萄の甘さもあり、素直に美味しいカベルネです。
タンニンの主張は有るのですが丸い果実味に溶け込んでいて、優しい舌触り、になっています。

あまりワインの主張が強く無く、夕食の温野菜とも良い相性です。
蒸したかぼちゃ、人参、ブロッコリーにヴァーニャガウダーを付けたり、ピンクの岩塩を付けたり、しながら、1時間で1本空けてしまいました。

Cimg1513_3走らないと決めたので景気良く2本目!

デル・スール・カルメネール2009

ガーネット色でプルーンの香りにチョコのニュアンスがあります。

ベリー系のジューシーな風味でしっかり系のボディは、飲み応えがあります。
2本目をこっちにして良かった。

若くフレッシュな中にコクが合ってワインコインにしては上出来です。

もう御腹が一杯なのでチーズと併せました。

Cimg1708 ジェラールセレクション カマンベール

このメーカーのチーズは、どれも丸くクリーミィーで食べ易いので好きす。

ワインも若くフレッシュなので丁度良い感じで合いました。

だいぶ酔ってきたのか、感想が乏しいです。
眠くもなってきたし、もう寝ます。 明日は朝寝坊しよう!

ウェーブエアロ8か?9か?

Cimg1704 ウェーブエアロ8

LSD、JOGに使っていたエアロ7の後継機として10月から実戦配備です。
エアロ7が気に入っていたのでエアロ8と9で履き比べ、7に近い履き心地の8を選びました。

8も9もソウルは同じで接地感は共通なのですが、エアロ9からラストが変更され、ボウル(母趾と小趾を結んだライン)から先がタイトになっています。

スピードを上げて走るときは、爪先に余裕が有るシューズでは、蹴り出しで足がズレ安定感が下がるので、エアロ9くらいタイトな方が良いのですが、LSD・JOGで使用するときは、足趾の動きの自由度が高いエアロ8の方が良い感じでした。

エアロ9で8と同じようなボウル部のフィット感を得ようと思うとワンサイズ上の27.5cm、それだと足が前後に動く感じになり、紐をきつく締めないと踵のフィットが悪くなる感じがしました。

ショップなどで「つま先に少し余裕を持って、1cmくら大きめを選んで下さいね!」と言われますが、足長の余裕ではなくボウル部のフィット感の余裕がポイントでしょう。
足長とボウルのバランスが合わないモデルは、デザインや機能が良くても採用できません。

エアロはお気に入りのモデルだったのですが、ラスト変更で合わなくなってしまいました。

練習再開 カヴァで乾杯

再発した右ハム痛、急性の痛みは無くなったが、走った時の違和感は消えません。
レースシーズンを棒に振るのが嫌なので9月中は大人しくJOG中心でした。

10月に入ったのでレースに向けたポイント練習を始めました。
今日の御題は「ペース感覚を取り戻す」で、M嬢公園1.3kを4分40、20、00と1週毎にペースを変えて走って見ました。

同じペースで走ってくれるパートナーにも恵まれ、3周3.9kを1セットにして5セットをペース通り走る事ができました。
右ハムも鈍痛はありますが、休足が必要な鋭い痛みは出ず何よりです。

練習再開を祝って泡です。

Cimg1513カステル ロード ブリュット

黄色みがかった黄金色、泡は弱くグラスの底からポチポチと可愛く上がって来ます。
口当たりはドライですが、柑橘系の果実味が有って、適度なボリューム感があります。

酸味も心地よく、余韻は余り続きませんが、総じてバランスの良い飲み口です。
余り冷やしすぎない方がこれからの季節は、爽やかな香りや豊かな果実味が味わえるので、氷水に浸けるより冷蔵庫で冷やす程度が良いと思います。

明日も走るので半分で我慢して、シャンパン栓をして冷蔵庫に保管です。
一人だと飲み余すなぁ、誰か一緒に飲んでくれないかな。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun