jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の13件の記事

3週前30k走の後は南イタリアワイン

泉州マラソンまで3週間となった日曜日、練習メニューは30kのペース走です。
3週前に30k、2週前が20k、1週前が10kという練習パターンです。

8:30に長居周回路のスタート地点を出発、気温0度、西風3mのコンディションは体感気温はマイナスです。
10kまで4分30で体が温まったらペースアップしようと思っていたのですが、10kを過ぎても脚は一向に動くようなりません。
15kを過ぎるころから脚が重くなって4分30を維持するのがやっと、20kを過ぎると4分40台になってしまいました。

泉州に向けて最後のロング走だったのですが、不本意な結果になってしまいました。

脚の疲れを癒すのはワインです。

Cimg1799サリーチェ・サレンティーノ2009
ヴィッラ・プッチーニ

鮮やかルビー色でエッジはオレンジ、香りはプラムです。
果実味が濃く、スパイシーさで、情熱的な味わいを感じます。

プーリア州のサリーチェ・サレンティーノは何種類か飲みましたが、濃い目の味わいに柑橘系のニュアンスが入るのが特徴だと感じました。

南フランス系好きにとってはストライクです。

減量でもチリワイン

体重59kを切る日もあって体重は減少傾向です。
一番効いているのは節酒で、肴を摘む量が減ったのが大きいです。

1本のワインを2日で飲むようにして、間に休肝日を入れるので1週間に2本しか消費してません。
週末は金土日の3日を2本で乗り切る予定です。

減量なので今夜は鍋、寒波襲来で冷え込んできたのですき焼きは嬉しいです。
糸蒟蒻を普通の倍にしてもらって、低カロリーで満腹感を得られるようにします。

Cimg1513_3 プエンテ・ネグロ2009
カベルネ・ソーヴィ二ヨン メルロー

濃いルビー色でエッジは紫、カシスの香りがします。
タンニンは柔らかく、程良い酸味で口の中が幸せになります。
後口も良い感じでワンコインワインにしては立派な出来映えです。

やっぱチリワインはコスパが良いし滅多に外れが無いですね。
すき焼きの甘めのタレにも良くあって美味しく飲めました。

減量開始でルーションワイン

泉州まで1ヶ月を切りました。
2月に入ったら練習量を落とすので課題は減量です。
目標はあと2k、筋肉量を落とさずに絞っていくのに毎回苦労してます。

手始めは節酒、1日のワインはグラス2杯まで!週に2日は飲まない日を作る!
これで2週間後には1k減って58kにはなっているはずです。

Cimg1513_2ラ・パッション グルナッシュ2009

毎ヴィンテージ飲んでいるMY定番、このワインでグルナッシュの美味しさを知りました。

ジャムやチョコの甘い香り、たっぷり果実味、2009年も良い出来です。
気温が低いので10度前後で飲むとタンニンが勝り果実味が引っ込んでしまうので、朝から食卓に出して14,5度にしてから飲みます。

急いでいるときは電子レンジでチンするのですが、そうするとアタックは強く感じますが、余韻や複雑味は、自然解凍ならね自然放温に負ける感じがします。

シャンパン三昧のランチ会

新婚旅行で来日しているシャンパンの作り手、アンリ・ド・ヴォージャンシーの当主パスカル氏のランチ会に行ってきました。
会場は、『ビストロ・ブック』でも日本のビストロを代表する一店として紹介されたカフェ、ル・ボワ。

Cimg1801

ハート・ラベルのシャンパン、キュヴェ・デ・ザルムルー・ブラン・ド・ブランで乾杯した後は、当主お話。
1732年創業という老舗のメゾンで、シャンパンの産地の中でもグラン・クリュのオジェのシャルドネを100%使っているそうです。

Cimg1805_2

右から定番,ハートラベルの「キュベ・デザムルー(恋人達のキュベ)」
真ん中は選りすぐりの区画のブドウ、10年分のリザーヴ・ワインを使った「キュベ・エレガンス」
左が樹齢75年の古木の区画のブドウを使い、ドサージュなしで仕上げた、旗艦キュベ「ルイ2002」
「キュベ・デザムルー」以外は未発売です。

香り、味わいを楽しんだ後はランチ会スタートです。

Cimg1804

オリーブのケーク・サレ、焼きたてでチーズの香りがとても香ばしい。

Cimg1806

右奥が鹿肉の赤ワイン煮、鹿は油が少ない分、肉の旨みを強く感じます。
手前左は鯖のエスカベッシュ、ドサージュしてない「ルイ」との良く合います。
手前右の豚のパテはフランスパンに塗って食べたら抜群。

Cimg1809

締めのデザートまで、すべて一手間かけた料理で大満足。

どの料理もシャンパンと相性が良く、杯をドンドン重ねてしまいました。
お昼から飲むシャンパンの味は格別です。

Cimg1808

すっかり酔っ払って、当主パスカル氏に「1本記念に買うからサインしてくれ!」とせがみます。
氏も微酔いで「シャンパーニュに来たら、是非寄ってくれ、シャンパン以外のワインも飲ませてやる」と、和気藹々でした。

大フィル定期演奏会

Cimg1810_2 第444回定期演奏会はベートーヴェンとモーツァルト。

モーツァルトの「2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調」が「3台(または2台)のピアノのための協奏曲 ヘ長調」に曲目変更になって、それだけでテンション↓。

ピアノデュエットのレオン&キャサリン・フィッシャーは二人とも御高齢、そのためか演奏に迫力が無く、どうも好きになれませんでした。

休憩は挟んでのベト7はそれなりに楽しめました。
第1楽章が自分の期待したよりテンポが遅くて、音が軽めだったのですが、その分2楽章が引き立ちました。
熱狂的な4楽章のコンマスの長原幸太の熱演で盛り上がりました。

指揮のレオン・フィッシャーさんは迫力が無く、指揮棒を振るだけが精一杯という印象で、それを大フィルのメンバーがフォローしているように見えて、どうもいけません。
常任指揮者の大植英次のように、コンマスの長原幸太ほか大フィルメンバーと指揮者の舞台上でのバトルが生む緊張感・迫力が好きです。

泉州マラソン参加証キタ~ カヴァで乾杯!

泉州国際市民マラソンの参加証が届きました。
募集開始から1週間ほどして申し込んだので定員オーバーに引っかかったかな?と心配していましたが、これで目標レースがハッキリしました。

目指せ自己新!景気づけに泡で乾杯です。

Cimg1513ムッサNVブリュット・ロゼ

綺麗なサーモンピンクで泡立ちは素晴らしく軽やか。
フルーティーな香りですが、飲んでみると甘さは無く、酸味とのバランスのとれた繊細な味わいです。

ロゼは甘いという先入観があったのですが、これは白のブリュット並で美味しく飲めした。

シチリアワイン

身内に不幸が有って名古屋-大阪をこの1週間で3度往復、外せない東京での用事が有ったりして、新幹線に良く乗りました。

東京からの帰りは夕食を車内で獲る事が多いのですが、新横浜を過ぎてから弁当を開けます。
いつ食べ始めても良いと思うのですが、何となく習慣になってます、変でしょうか?

3時間走るより3時間座っているほうが疲れが大きいように感じません?
雪の影響で大阪ー名古屋を2時間もかかったし、今週は移動で疲れてました。

Cimg1513_3 ネロ・ダーヴォラ2008
フェウド・アランチョ

明るいガーネットで、香りが豊かです。
イチゴやカシスのような果実の香りに、スパイシーな香りが混じります。
タンニンは強くなく舌触りは柔らか、香りどおりたっぷりの果実の甘みが有ります。
程よい酸味も感じバランスの良い飲み口、ただ香りほどスパイシーな余韻が続かないのは御値段相応なのでしょう。

ペットボトルワイン

水曜日にインターバル、土曜日にコントロール走、日曜日にペース走とポイント練習をこなし、2011年の走り始めは順調なスタートです。
ポイント練習の日は風もなく寒さも一段落で嬉しいのですが、順調なこのコンディション運はレースに取って置くべきでしょう。

順調な練習始め始めを祈念してカラフルなジャケットの1本で乾杯です。

Cimg1513 ココヴァン ルージュ
ジョルジュデュブッフ監修

明るいルビー色、弱いカシス系の香りがします。
飲み口はいたって軽く、タンニンは無し、果実味も弱く、若干の酸味を感じる程度です。

ペット茶と同じくらいの重さなので鞄の中に入れて持ち帰ってもストレスを感じませんでしたが、重さと同様の内容の軽さはちょっとストレスです。

監修者の名前が渋い演技の某俳優に似ていたのに釣られて買いましたが、中味は軽いお笑いタレントでした。

RUNの順調さにワインのケチが移らなければ良いけど。

スペインワイン

今年の初出勤は6日だったので2日働いただけですが、疲労困憊です。
正月休みですっかり呆けてしたまった頭と身体が元に戻るのは時間がかかりそうです。

寝付けそうにないのでアルコールで麻痺させて神経を鎮めます。

Cimg1513_4マルケス・デ・ラ・クルース ティントNV

明るいバイオレットで干葡萄の香りがします。
口当たりは軽く、タンニンを感じません。
室温が低いとタンニンを強く感じるのでレンジで10秒ほどチンして15度前後になるようにして飲んだせいでしょうか。

カシスとプラムの果実味を感じ、タバコのような香りが鼻をくすぐります。
余韻は長く続かず、スッと消えるので次をまた飲みたくなります。

グラスに移して直ぐは、やはりタンニンを強く感じます。
両手で温めても時間がかかるのでレンジで10秒チン。

3杯目からは面倒になってマグカップに入れて30秒チン、箸でステアして飲みました。
500円ワインだから成せる技ですね。

ボルドーワイン

チンタラ過ごした正月も終わって、今年の目標、泉州リベンジに向けて明日から練習再開です。
気合を入れるために高めのワインを開けました。

Cimg0955シャトー ラネッサン 2005

濃いルビー色というか紫色、ブラックベリー、カシスが強く香ります。
飲んでみるとタンニンのインパクトがガツンと来ます。
香りほど果実味は感じないのは期待外れです。
余韻も長く、鞄屋に入ったときのような香りがします。

気温も低いし未だ開いてないのかなぁ、と思って放置することにしました。
2時間後、果実味は先程より感じるようになりましたが、香りに比べてまだまだ弱い感じがします

思い切って明日まで放置することにしてバキュバンして玄関へ、気温がぐっと下がったので放置プレイが出来るのは嬉しいですね。

翌日

練習再開は1kインターバル走7本。
正月の体重増で4分を切るのがやっとでしたが何とか7本はクリア。

放置ワインはテーブルの上に移し室温に馴染ませます。

飲んでみると、昨日まで強く感じたタンニンが円くなって甘みさえ感じます。
ベリー系の果実味が豊富で余韻も長く続きます。
ただボディが強く濃いので多く飲むと、飲み疲れしてきました。

今飲んで充分美味しいけど4,5年経ってタンニンが円くなってきた頃に飲ん直してみたいと思いました。

カベルネ・ソーヴィニヨン75%メルロ:20%プティ・ヴェルド4% カベルネ・フラン1%
3000円 イメージは元気が売りの男優、年とって味が出たら名優になるカモ

キムラヤのバナナロール

岡山に行ったら必ず買って帰る、キムラヤのバナナロール!
今年も御年始の御土産にして、朝食にしました。
御餅に飽きた口にシンプルな味が何とも心地よいです。

岡山の人は皆知っているけど、それ以外の人には知られていません。
岡山県民のソールフードそれが木村屋のバナナロールです。
正式名称、バナナクリームロールですが皆バナナロールと呼んでます。

Cimg1797

女将も小学生の時、社会科見学で「キムラヤ」のパン工場行き、「バナナロール」をお土産として貰ったそうです。

Cimg1798

中身は、至ってシンプルなバナナクリームなんですが、激うまです。
ふわっとしたロールパンにこのクリームがよく馴染んでます。

始動 世界ビール紀行 第2弾

日曜長居練習会の30k走でRUN始動しました。

2日の午前9時、この練習会だけでも20人、ほかにW’sやHマスなど大勢のランナーで長居周回路は大賑わいです。

正月太りなので4分30組でスタート、15~20kを4分10に上げたりペースに変化をつけながら2時間13分、良い練習ができました。

午後は自分の実家へ年始にでかけ御馳走攻めに会ってきました。
和食の御節に会うビールを年賀に下げて行き大宴会です。

Cimg1777ベルジャン エール
アサヒ 世界ビール紀行

色は濃い目の黄金色、泡立ちは普通でホップの香りが際立ちます。
喉越しにコクを感じるのはアルコールが6.5%と高めだからでしょう。

味自体はフルーティで香りも良いのですが、「ベルジャンエールタイプ」とワザワザ謳うほどのプレミアム感はありません。
上面発酵のビールだとこれくらい出来て当たり前でしょう。

地ビールにもっと特徴的で美味しい銘柄が沢山あります。

面白味の無い仕上がりになるのは価格を200円程度に押さえ大量販売を狙うので仕方ないのでしょうか。
この分野は地ビールに譲ったほうが良いと思います。

うさぎワイン

あけましておめでとうございます。

ゴール直前までもつれたニューイヤー駅伝に刺激を受けてJOGに出ましたが。
強い風と寒さで早々に戻ってきました。
こんな日はビールよりワインです。

Cimg1513_2 コロニア・ラス・リエブレス・ボナルダ2009
アルトス・ラス・オルミガス

正月吉例干支ワイン
「コロニア・ラス・リブレス」は「うさぎの谷」という意味です。

濃いルビー色でエッジは透明、チェリーの香りで豊かです。
アルゼンチンワインらしくタンニンはしっかりしていて骨太、ところがフレッシュ果実味を感じ、キレの良い酸味と相まって鮮やかな味の輪郭になっています。

注文していたオードブルをつまみながらチビチビやりました。
軽くも無く、重くも無く丁度良い飲み口です。

Cimg1796

2006年を飲んだときはボルドータイプだと感じたのですが、この2009年はブルゴーニュタイプだと感じました。
確かに以前とはボトルタイプもエチケットも違います。
このモデルチェンジは成功でしょう。

ボルダナ種はアルゼンチン土着の品種だと思っていたのですが元はイタリアだそうです。
同じ土着のマルベック種と甲乙つけ難い美味しです。
旨安ワインの選択肢が増えました。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun