jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の12件の記事

フランス料理 Y’s ディナー

4000円のコースにしました。

Cimg1922

乾杯はスパークリング、チリの旨安鉄板泡バルディビエソです。
シャルドネとセミヨンで清涼感のある泡でグラスで500円、ボトルは2500円です。
もちろんボトルでいただき、魚料理までスパークリングで通しました。

Cimg1923

アメイジングは鯖とトマトのケーク・サルと水茄子。

Cimg1924

パンは自家製、赤いのはトマトパン。

Cimg1925

5種類のメニューから3品選ぶ前菜は「全部ください」とのオーダーもでき、5種全部でも料金は変わりませんでした。
左からビシソワーズ・燻製サーモン・帆立&トマトのコンポート・豚のテリーヌ・玉葱のキッシュ。
トマトのコンポートはアニスの香り付けがしてあって白いオニオンソースと抜群の相性です。

Cimg1928

メインは5種のメニューからチョイス、女将は平目とアサリのリゾット、私は鴨の葡萄ソースと夏野菜のグリルを注文。
先に魚、食べ終わってから鶏と、二人連れなので取り分けて食べられるようにサーブしてもらえました。
付け合せの野菜も2切れずつ、魚も2片と細やかな心遣いが嬉しいです。

Cimg1926

女将に半分もらった平目のリゾット。

コースのメインは1品なのですが、量が多いので2人で半分ずつして丁度良い程度です。
普通の仏料理フルコース並みの食べ応えはあります。

Cimg1927

鴨にあわせてワインは赤、スペインはカステージャのCSです。
これもグラスで500円。

グラスだと7杯取りの店が多いのですが、ここは6杯取りのようでグラスにたっぷり注いでもらえますす。

Cimg1929

デザートは西瓜のコンポート・バニラアイス添えとクリームブリュレ。
これにコーヒーか紅茶が付きます。

アディゼロ エイジ2

去年の天神さんの頃に比べると涼しいのですが、昨年のペースでは走れていません。
川崎橋~春風橋の3kを去年は12分台でしたが今年は13分を切れません。

もっと速く走れると自分では思っているのですが脚が動きません。
気持ちが弱いのでしょう。

この時期は気分が乗らないのでシューズを変えたりしてモチベを維持してます。
今年の夏はアディゼロエイジ2です。

去年は美津濃のエアロでしたが9からラストが変更になり足に合わなくなってしまいました。
そこで3月に買ったエイジの走行感が良かったので美津濃からアディダスに乗り換えました。

Cimg1842エイジ、エイジ2とも走行感は同じです。
ソウルやラストなど機能面での変更はなく、アッパーのデザインと材質が大きく変わってます。

アッパーのツートンカラーはデザインだけではなく内側(紺色)の部分が固めの素材になっています。
それがサポーターのような締りになって中足部~踵のホールド感が向上しています。
一方黄色の部分は伸縮性があって足指部は楽です。

キカイダー或いは阿修羅男爵のような縦2色のデザインは好きになれませんが。

2からベロもアッパーと一体になっておりフィット感は更に向上、シューレースの鳩目もダブルアイレットが出来るように変更になっています。

サブ3のLSD、サブ3.5のペース走、サブ4のレース用でしょうね。

チリワイン

台風6号以来、朝夕は過ごしやすく感じ、エアコンなしで寝ています。
暑熱馴化できたのか、老化で暑さに鈍感になったのか、身体を冷やさないで眠れるので助かってます。

東海地方は雷雨でコンディションが悪いので、今日のポイント練習は中止にして休足です。
今日も風が涼しいので赤ワインにしました。

Cimg1524 カミノ・ディ・ティエラ・カベルネ・ソーヴィニヨン

明るい紫色でエッジは透明、カシス系の甘い香りがします。
濃いそうな見た目でしたが、飲んでみると酸味もあってフルーティーです。

チケットのイメージや裏ラベルの説明で【料理の相性】 味わいの強いコッテリ系料理全般、と有ったので濃いイメージをうけたのですが全然違いました。

タンニンもやわらかく、いわゆるミディアムボディです。
少し冷やしてガブガブ、そんなワインです。

カップヌードルごはん

昨日贅沢をしたので今日のランチは230円。

Cimg1843

お湯を入れるのではなく電子レンジで温めるニッチンのカップヌードルごはん

Cimg1844

容器の中の具材を取り出し。

Cimg1845

内側の目盛り線まで水を入れ、具材を入れて電子レンジで5分。

ふっくら感が好きなので線が全部隠れるくらい水を入れ、チン!して2~3分放置、蒸らしました。

Cimg1846

濃い味付けではないのですが、期待したとおりの味です。

子供の頃、チキンラーメンが熱かったので冷えた御飯を入れて冷まして食べたら美味しかったのを思い出しました。

フランス料理 Y’s

人気フランス料理店Y’s
大阪高麗橋の一流仏料理店ラ・ベガスで修行した吉田シェフが妹さんと二人でやってる店で予約が中々とれません。

カウンターが12席とテーブル4席だけでキャパが元々少ない上に、ランチ1000円、ディナー4000円と格安なので人気です。
ワインもボトルで3000円前後が中心価格帯と他の店より2,3割は安いです。

Cimg1913

ランチメニューは肉or魚の2種類、共にワンプレートでコーヒーが付きます。

手前のグリル鶏、豚と夏野菜のポトフ、ビシソワーズ、自家製パン・・・と一品一品手が込んでいます。

ランチでこんなに手をかけていて儲かるんでしょうか、心配してしまいます。

お勧めは昼泡!グラスで500円と格安。
美味しい料理にお酒を我慢するのは無粋なので当然いただきました。

ディナーの予約状況を聞いてみると1週間後に2人なら空いてました。
もちろん予約しました。

ブルーラベル

走って水分を絞り出して、飲む。
シャワーを浴びた後、風を受けながら飲むビールの爽快感、ああ幸せ!

Cimg1917ブルーラベル アサヒ

7月5日発売の新ジャンル、我々の世代には懐かしい替え歌のTV宣伝が耳に残るアレです。

淡いゴールドで泡は少な目、ポップの香りが少し。
飲み口はシャープ、苦みは少なく舌触りはマイルド。
コクは無いのですがキレが良く、飲んだ後にもう一口飲みたくなる余韻があります。

アルコール4%、糖質0なんで頼りなさを想像していましたが、軽くシャープにまとまっています。
アサヒドライの延長路線に感じます。

350缶で100kカロリーそこそことカロリーオフを押し出しても良い商品ですが、爽快感も全面にだし季節に併せてキャンペーンを打ったアサヒは偉い。

100円ちょっとで買えるビール系飲料の中では久々のヒット、この夏はコレです。

2011ビアフェス大阪

午前中RUNで汗を絞ってから突撃しました。

Cimg1918

入場証がビアグラスでこれを持って行けば試飲コーナーのビールは全て無料です。

Cimg1919

毎年人気の那須高原ビールの10年熟成、15分で売り切れです。
ワインのような熟成感を味わうには開場30分前から並ばないといけません。

Cimg1921

レア物はともかく120種類以上の地ビールを飲み比べることができました。

今年の掘り出し物は「シメイの白」、表示も無くひっそりと樽生が置いてありました。
目ざとく見つけ「試飲できますか?」とたずねると「はいどうぞ!」との事。
3杯おかわりしちゃいました。

大フィル定期演奏会(450回)

Cimg1916大植英次&長原幸太のゴールデンコンビ久々に復活。
客席はほぼ満員でした。

日本初演のメリー・ワルツのオープニングの後、ベートーヴェン三重協奏曲のVnで長原幸太さん登場。
やっぱり良い音してます。

Vcの趙静さん、大柄な女性なのに子供がするように楽器を覗き込むように奏きます、彼女のチェロって大きいのかな?

休憩後はラヴェルのピアノ協奏曲、先の三重奏では目立たなかったPfのデニス・プロシェイエフが本領発揮、聞かせてくれました。

最後はRシュトラウスの組曲バラの騎士、初めて聞きました。
組曲とありましたが楽章の切れ目は無く、主題がドンドン展開していきます。
打楽器奏者も6人と賑やかで楽しい楽曲でした。

Wゼロ

梅雨明け10日は暑さが一番厳しい。

暑い、暑いと言うと、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんが言われました。
そして西瓜やカルピスを処暑にいただきました。
懐かしい記憶です。

大人になったら、冷たいビール、酎ハイですね。
特に酎ハイは大好きでなんですが、飲みやすいので量を飲んでしまい、カロリーが気になります。
Cimg1524 ダブルゼロカクテルジントニックテイスト
アサヒ

アルコール0なので昼から飲めます!

良く冷やして飲んだので半分くらいはゴクゴク飲めました。

喉の渇きが収まってくると、変な薬品臭が鼻につきます。
ライムの香料です。

甘味も変、コカコーラZEROやCCレモン0のような合成甘味料の甘さです。

素直にカロリーオフ清涼飲料を飲んだ方がマシです。
味わいもセロ、トリプルゼロに1缶120円は勿体ない。

シャンパーニュセミナー

Cimg1903 高麗橋の仏料理有名店ル・ボアでのシャンパーニュセミナーに行ってきました。

シャンパーニュ地方のアイ村でピノ・ノワールのグラン・クリュを所有するゴセ・ブラバンさんのシャンペンです。

合わせる料理はル・ボアですから間違いなし。

Cimg1905スペイオムレツのトルティー、こんなにふっくらと味わえたのは始めでです。

胡瓜、茄子、オクラを生でDIPでいただきましたが、マヨネーズ味ではなくアーモンドやトマトベースで新鮮でした。

ムール貝は香菜が添えられていて味が際立っていました。
メインは鳥の葡萄風味ソースの煮込み、シャンペンにぴったりです。

Cimg1907 のんだシャンペンは4種。
どれもピノが7割以上です。

シャルドネが多いシャンペンより骨格の強さ、酸味のキレを感じました。

昼間からシャンペンを飲むという優雅さ、堪えられません。

チリワイン

Cimg1902ドーニャ・フロレンシア・カベルネ・ソーヴィニヨン.

カリフォルニアワイン

神戸マラソンも落選しました。
落選なのに当選メールを受け取った方も5000人以上居て、追加当選になったようですが、その中にも入らない正真正銘の落選です。

東京、大阪、神戸と3連敗なので京都もだめなんでしょうね。
こうなったら実力で東京に出てやる!

意気込んでペース走に取り組みましたが、10kを4分10で走り切れません。
9kまでは何とか保ったのですが、そこからズルズルです。

続けてレペティションに取り組みましたが、4分で走れたのは1本目だけ、2.5kを9分59、10分25、10分53と酷い落ち込みでした。

もう走るのイヤになりました。
エアコンをギンギンにかけて室温を下げ、ワインです。

Cimg1899 ストーンセラーズ メルロー2007

明るいルビー色でエッジは透明、チェリー、ラズベリーなど酸味を想わせる香りと強めの樽香です。
飲んでみると角のとれた円い果実味で香りから感じた酸味の主張はありません。
タンニンも弱くソフトな口当たりで、余韻にバニラがありますが、強い樽香に押され気味です。

優しいと表現するのか、頼りないと表現すのか、飲んだときの体調で分かれるんでしょうね。
今日の体調&気分だと、同じ価格帯のコノスルを飲んだ後だけに、平凡と感じました。 
メルローじゃなくカベの方が良かったかな。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun