jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の11件の記事

鶴見BBQ

2日連続の鶴見緑地、2日目はWindRun関西のBBQです。
15:30会場設営スタートで16:30宴会開始。

Cimg2086

夕方から50%の降水確率でも晴男、晴女パワーで何とか持ちました。

Cimg2087

走った以上に飲むのはお約束。

Cimg2088

一家勢揃いはクリュッグで

長男夫婦に誘われて鶴見緑地へ

Cimg2084

サルビアは満開でしたが、バラは後一月はかかりそうでした。

Cimg2085

夏日の今日、水辺は子供達が水遊びに熱中。

湿気がそれほどでもないので木陰は涼しかったです。

長男一家、二男と久しぶりに皆が集まったので泡で乾杯です。

Cimg2081クリュッグ ミレジム1998

黄緑がかった黄金色、泡は強くはありませんが細かくたちます。
樽香がバリバリにあって柑橘系の香り、アーモンドのような香りが複雑に混じってます。

一口目は固い印象、酸味がガッシリしていて華やかさを感じません。

98年だと未だ早かったのかなあ、と少し反省。

二杯目、ぐっと広がってきました。
泡は弱くて注いだときに立つだけ、口に含むとシュワシュワ感があってシャンパンだと判ります。

高級なシャブリに似た硬質のミネラル感、ふくよかな洋梨が来て、蜂蜜、アーモンド、冷えた食パンの白い部分、という味わいです。

一家5人に蘊蓄をタレながら御馳走して、満足満足。

ヨーロッパワイン試飲会

連休初日、真夏日の大阪です。
少し走った後、近所の酒倉のワイン試飲会へ出掛けました。

Cimg2079

先ず乾ききった喉をカヴァ3種で癒し。

冷えた白4種で一息ついて、軽赤に移る頃にはエンジンがかかってきました。

Cimg2080

イタリアやスペインの重赤をじっくり楽しんで。

締めのアイスワインまで出典されている30種を制覇した頃にはヘロヘロです。

1杯50mlとしても全部で1.5リットル。ボトル2本分の量、気に入ったのは2杯3杯飲んだので軽く3本は空けた勘定です。

気に入ったワインが見つかったので5本ほど買って帰りました。

ワインは飲んでみないと判らないので試飲会は重宝します。

スピードアップでアサヒドライゼロ

スピード持久力強化を目指してインターバルのペースアップしました。

マラソンシーズンは3分50前後でしたが、40の設定です。
1本目43、2本目54、3本目42、4本目4分18、5本目44。
1回も40切りならず(涙)足に力を入れた走りが続きません。

御褒美は無し、ノンアルコールで喉の渇きを癒しました。

Cimg1996アサヒドライゼロ

名古屋マラソンEXPOのサンプリングでGETした品。

頼りないオリオンビールでした。
喉が渇いている時に半分ゴクゴク、飲めました。
その後は、・・・。

ノンアルコールだったら麦茶の方が良いです。
1缶100円出すなら第3のビールが良いです。

雨天練習場、白ワイン

朝から小雨模様、走り出してしまえば気にしない程度ですが、走る前から降っているので練習会は中止です。
トラックレースを申し込んでモチベが上がっているので雨天練習場でポイント練習をしてきました。

ナゴヤドームは周回路700mとプロムナード800mを併せ1周1500mも屋根のある走路が確保できます。
自主錬する!と呼びかけたら7人も集まりました。

メニューは1200m5本、3分45のペース設定で1本4分30が目標です。
1本目こそ4分35かかりましたが、2本目以降は目標どおり走れました。
追い込み感が余りなかったので、距離表示がおかしいのかも。
一度コロコロで計ってみないといけません。

雨でもしっかり走れたので、白ワインです。

Cimg2068ル・カヴァリエ・ブラン

緑がかったレモン色で、柑橘系の香りがします。

ドライなのに甘く感じるのはセミヨン種の特徴でしょうか?
アタックは辛口、でも軽い口当たりなので、それほど辛さは気になりません。

特徴的な果実味や香りは無く、余韻もあまり続きません。
これといった印象が無いので、コメントしづらい。

トラック参戦、ポルトガルワイン

6月初の5000トラックレースに申し込みました。
マラソンが終わってユルユルしていた気持ちを引き締めるためにもターゲットを設定しました。
土曜にビルドアップ走、日曜にレペ走で、2日間かけて追い込みます。

今日のメニューはビルドアップするビルドアップ走。
1本目は4分40から10、2本目は4分30から00、3本目は4分20から3分50とビルドアップ走のペースを上げていきました。

設定どおりのペースをこなせましたが、4分00より速いペースでは意識して蹴らないとスピードが落ちてしまいます。
まだまだスピード練習が足りません。

がんばった御褒美はワイン、気温が20度を超えるようになったので最後の箱ワインです。

Cimg2004レアル・ラブラドール・ティント

明るいガーネット色でエッジは透明、フランボワーズやカシスなどの赤い果実の香りがします。

タンニンの主張は無く、軽めの口当たり味わいです。
赤いフルーツの味わいが絡み合い、キレの良い酸味が有って、辛口ワインの仕上がりです。

葡萄品種は カステラン、アラゴネス、トリンカディラ・・・、どれも初体験でした。
これで1500円だから1本に換算すると400円以下、コスパはバッチリです。

久々インターバルでラマンチャワイン

水曜恒例スピード練習で1000インターバル5本敢行です。

先週は雨休、先々週は風邪休、と3週間ぶりの走りは今一ピリッとしません。
3分50で5本がやっとでした。

3週前は長袖、タイツで寒かったのですが、今日は半袖、ハーフタイツで汗だく。
季節がどんどん変わっていくのを感じます。

久しぶりにポイント練習ができたので御褒美はワイン

Cimg2076 ナバーロ・ロペス2001
グランレゼルバ

深いガーネット色でエッジはレンガ色、10年を超える熟成期間を感じる色合いです。
香りは柔らかで、ブラックベリー系の果実にカカオのニュアンスが混じります、もちろん樽香は強いです。

果実味>酸味で砂糖を乗せたトーストのような甘みがあって、好きなスタイルです。
タンニンはボリューム感があり、余韻に樽のココアやスパイスのニュアンスが広がります。

味わいは単純、骨格と余韻はしっかり、この辺りのアンバランスがグランレゼルバなのに1000円台という所以でしょう。

箕面トレイルとカヴァ

箕面自然研究路をトレイルランしてきました。

10:00箕面駅→滝道→百年橋→自然研究路2号→箕面ダム
百年橋から入る2号は最初のぼり階段が続きます。

10:30箕面ダム→自然研究路7号→万博記念公園→自然研究路6号→清水谷
7号は登り基調ですが6号は緩い下りなので飛ばせます

11:30清水谷→自然研究路8号→勝尾寺→自然研究路4号→ビジターセンター
8号は後半厳しい登り、そこから一気に下って勝尾寺、4号は緩い起伏で走れます。

12:30ビジターゼンター→登坂路→こもれび展望台→こもれびの道→風呂谷
登坂路は本日一番の登り、こもれびの道は軽快に下れます。

13:00風呂谷→滝道左岸路→昆虫館→滝道→箕面駅

石橋駅まで戻って、商店街の中の平和温泉で14:15オープンと同時に入浴。
15時から王将でビールを飲んで喉を潤しました。

明るい内から風呂に入ってビールを飲むなんて極楽です。
家に帰ってからもエンジンがかかった身体はアルコールを欲してます。

Cimg2063 ハウメ・セラ ブリュット ナチューレ

淡いレモン色で柑橘系の香りに洋ナシのイメージが混じります。

アタックはドライですがオレンジ系の酸味、リンゴのような果実味がバランス良く染込んで来ます。

ミネラル感あふれるボディと熟した果実の風がうまく纏まり、大人の泡という印象です。

アルザスワインセミナー

8時頃雨は上がりました。
最後の桜を観に靫公園へ。

Cimg2071

近所のスーパーでお弁当を買って、桜舞い散る中でひなたぼっこ。

Cimg2072

絨毯のようなムスカリが丁度見頃。

今日のメインイベントはアルザスワインのセミナー。

Cimg2074

ピノグリ2006のキュベ違いを2種
ゲヴェルツの2002と2008の垂直ティスティング
リースリング2005のグランクリュ

5種類を飲み比べました。

Cimg2073

ピノグリは日本料理と良く合うという事なので近くの割烹から肴を3種。

右から時計回りに、筍木の芽、白和え、百合根のぬた。
ピノグリの麦のような香ばしい香り、に良く合いました。

Cimg2075

生産者のマルク・テンペさん6年ぶりだったのに覚えてくれていました。

風邪から復帰、南アフリカワイン

体調を崩して1週間、ようやくやく走る体力と気力がでてきました。

風邪気味を押して出場したなにわハーフ。
レース中は雨交じりの風で冷やされ、その後数時間も野宴で騒いだ罰が当たりました。

午後になると発熱、身体がだるくて起きていられない、という症状が4日も続きました。
回復力が落ちました。

アルコールも1週間ぶりです。
寒いので暖かいイメージのワインにしました。

Cimg1974 テーブルマウンテン・シラーズ2010

濃いルビー色で、カシス系の香りがします
果実味が濃厚で酸味は爽やか、しっかりしたボディ感で後味はアジスッキリ系です。

オーストラリアのシラーズとは似て非なる印象です。
濃いシラーズで感じるエグミがありません。

同じ葡萄品種?と思い、確かめるためにネットで検索。
「ワイン醸造は早い時期にヨーロッパから持ち込まれたが、国際社会から隔離されていた時期、大量生産されず、葡萄がストレス無く栽培された。
その結果21世紀になって非常に良いワインが安価で生産されるようになった。」
との事。

シラーズは元々南アフリカ土着の品種だともありました。

このレベルがワンコインで買えるなら産地はどこでも歓迎です。

第2回なにわ淀川ハーフマラソン

前日受付を済ませ、準備万端。
スタート10分前までWindRun陣地でのんびりできました。

Cimg2067

ハーフ出場者は5000人を超えてましたが、どこかの大会のように30分前から並ぶ必要はありません。
10分前にスタート位置に行って一番前に並べましたが、ちょっと厚かましいので大人しく第二列で待ちます。

Cimg2069

レースシーズンが終わっているので目標は気持ちの良いペースで走ること。

川下へ向かう最初の3kは向かい風だったので13分。
折り返して追い風になってからキロ4まで上げてキープ。

13kで折り返して川下に向かうと向かい風と小雨。
余裕はあったのですがペースアップする根性が無く、そのままの感じで走りきりました。

結果1時間27分で年代別4位、3位までが入賞でした。
惜しい。

Cimg2070

レース後は芝生にブルーシートを広げて野宴。
西中島駅北側のスーパーや王将で買出しをして、14時から16時過ぎまで。
いつもの通り走った時間より飲んでる時間の方が長い。

自宅からアクセスが良く、今後も参加したい大会です。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun