jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の8件の記事

レース後の休憩期間

大阪マラソンから丸三日、まだダメージが残ってます。

練習モードのフルだと翌日の月曜からJOGを始めて水曜日にはポイント練習を再開します。
ガチレースだと丸一日は完全休養しますが、二日目からはJOGを始めます。
大阪は本命レースの防府に向けてペース走の位置づけで走ったのですが酷い筋肉痛です。

特に左の脹脛が酷く、筋肉痛というより肉離れのような症状です。
やっちまったかなぁ。

もう1週間様子を見て、肉離れなら防府はガチ回避しかありません。
防府の代替レースに別大をエントリーしました。

ポイント練習を回避したので、時間はタップリ。
涼しくなったので濃い赤です。

Cimg2175 ドメーヌ・ピイ2011
ペイドックIGP

濃いルビー色でカシスの香りにコーヒー豆のようなロースト香が混じります。

カシスやブラックチェリーなど黒い果実の味わいにクローヴ、シソようなスパイスにニュアンスがあります。

酸味と柔らかいタンニンで、注いだ時は濃い印象よりは、ジューシーな味わいです。

単独で飲むというより、食欲をそそる美味しで、走れないときに飲むのには適していないワインです。

第二回大阪マラソン

2時間58分で自己ベスト更新しました。
これで公認でもサブ3、嬉しいです。
淀川で59分だったので1分短縮、ブブカ式の記録更新は今シーズンも健在です。

両レースとも防府に向けて4分10のペース走として位置づけてました。
淀川は35k過ぎの痙攣で歩きが入りましたが、大阪は最後まで歩きが入らなかったので記録更新できました。

これで防府は安心してガチレース。 オーバーペース気味で突っ込んでみます。

Cimg2178

晴れ・微風とコンディションは最高、前日までの冷たい雨と北風はどこへやら。
(翌、月曜が雨・強風なので奇跡の1日でした)
ランパンランシャツにゴミ袋をかぶると30分のスタート待ちでも寒くはありません。
ただトイレはどこも行列で、家で済ませてきて正解でした。

スタートロスは15秒くらい、これだけの大型大会だと仕方ないです。
300mほどは混雑でユックリペース、その後も人混みで一定ペースでは走れません。
4分10の定速走行ができるようになったのは2k過ぎでした。

後はひたすらペース走です。
他のレースのように集団が出来ません、というかズッと集団。
3万人の参加者に圧倒されました。

05k 0:20:59    スタートロス15秒くらい
10k 0:41:39  20:40
15k 1:02:23  20:44
20k 1:23:22  20:59
25k 1:44:27  21:05
30k 2:06:00  21:33
35k 2:27:17  21:17
40k 2:48:46  21:29
42k 2:58:10  09:25

ゴール後はマッサージを受けただけで速攻でポートランナーに乗車。
ユックリしていると混雑して積み残しされるとの事前情報を得ていたからです。

自宅に戻ってTVを点けると大阪マラソンの中継が・・・。
不思議なかんいがします、ついさっきまでそこに居たんです。

風呂に入って、洗濯して、着替えて、打ち上げ会場へ突撃!
自己新、公認サブ3、今日は飲む口実はたっぷりです。

そして100人近い大人数でのオフ
この後は皆席に座らずさながら立食パーティーになりました

Cimg2179

走った時間以上に飲んだのはお決まりです。

Cimg2180

大阪マラソン受付

案内状にはコスモスクエア駅から徒歩15分とありましたが、雨模様で寒く、足下も悪いのでインテック大阪に一番近い中ふ頭駅からアクセスしました。

コスモスクエア駅からニュートラムに乗り換えて2駅、中ふ頭からだと徒歩5分で受付会場に着きます。

運賃は230円!
ゴール後もニュートラム地下鉄を乗り継ぐのなら、バス地下鉄ニュートラム乗り放題の2dayパス1000円がお得です。

Cimg2168

受付会場に入るのにゼッケン引換証と身分証明書のチェックがあり、ランナー本人しか入れません。
初日、午前中なので待ち行列は有りませんでした。

Cimg2170

大会当日の案内表示例、ジャケットの色で役割が違うスタッフの紹介、実物で説明があせれています。

コレを見ると気持が高ぶります。

Cimg2169

隣のEXPO会場も大勢の人、

Cimg2171

サンプリングで頂いたのはサロンパスとアサヒドライ(ノンアルコール)

Cimg2172

さらに隣の大阪うまいもん市場では多くの出店、食べるスペースも屋外屋内ともに広いのですが、 今日は屋外は疎らで屋内が激混みです。

もっと見て廻りたかったのですが人ゴミに酔ってしまい1時間ほどで退散しました

10kペース走

走友から聞いた話「10kがコンスタントに40分切れればサブ3できる」

当時はレースで40分切れるか切れないかで「コンスタントに」とはいえない状態。
ここ2,3年はレースで40分は切れるが、サブ3はシンドイ状態。

「コンスタント」って何だろう?「二日酔いでも」とか、「急に、はい10k走ってみよう!言われても」とか・・・。

じゃないよな、きっと。

話は変わって、今日はレース1週前の10kペース走。
目標はキロ4で40分!そう目指せサブ3のペースです。

お付き合いしていくれる人が居なかったので単独走で、結果は39分30秒。
これって「コンスタントに40分切れる」に入るかなあ。

きっと「コンスタント」とは10回走ったら10回ともという意味なんでしょうが、そんなに10kのペース走しないし・・・。

ポイント練習で自分の調子を確認できたので御褒美は赤です。

Cimg2145コート・デュ・ローヌ・キュベ・デ・ダンテルV.V.2010
アニエル

明るみのある濃紅、ベリー系の香りがします。

口当たりはフレッシュな果実味、余韻にハーブ系のスパイシーな香りも感じます。

味わいは豊ですが重いという事はありません、シルキーなタンニンが柔らかく広がり、それが重さを感じさせない所以でしょう。

南仏のVVがワンコイン、価格以上の美味しさです。

美味しいボージョレー

防府に向けて練習再開!の週。
ポイント練習初日の水曜は雨でインターバル中止。
ポイント練習2日目の土曜日も雨でコントロール走中止。

きっと神様が休めと言ってるのでしょう。

練習再開の週、11月3週はボジョレー・ヌーボー解禁の週でもあります。
ポイント練習は中止しましたが、こちらは雨天決行です。

今年の趣向は「1年経ったヌーボーは美味しいか?」

Cimg2112 ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール2011
ル・ポン・デュ・ディアーブ
ヴィニフィレ・パ・ジュンコ・アライ

明るい紫色、ボジョレーらしい甘酸っぱいベリー系の香りがします。

解禁直ぐの11月に飲んだヌーボーより酸味が落ち着いて丸みが出ています。
ガメイ種のおとなしい甘みと苺を連想する果実の味わい、ラベルと同様にチャーミングです。

流行の濃いタイプのボジョレーではないのですが、本当に飲みやすく素直においしいと感じました。

結論 1年経っても美味しいワインは美味しい。

混雑を避けて紅葉の日光鬼怒川

開門時刻8時に合わせて日光東照宮に到着、朝日に映える紅葉が眩しい好天気に恵まれました。

Cimg2108_3

眠りネコ、本殿、鳴き龍、などユックリ見ても1時間一寸で回れました。

8時半を過ぎると団体旅行、修学旅行が続々と到着して9時になると拝観待ちの長い列ができたいました。
30分の早起きで随分と時間を節約できました。

神橋まで下りて金谷ホテルでモーニングコーヒーです。
ホテル中庭から大谷川沿いに散策路があって紅葉を楽しみながらブラブラ1時間。
帰ってくると 百年カレーパンが出来て上がったばかりだったのでGETしました。

Cimg2109_3

一服した後は11時過ぎに奥日光へ出発、中禅寺湖、戦場ヶ原、華厳の滝など渋滞なし2時間ほどで廻れました。

混雑を避け、昼食は今市まで下りてきて名物の蕎麦、13時半と昼食時を過ぎていたので直ぐに座れました。

鬼怒川に着いたのは15時、家族が温泉巡りをしている間、ジョギングで付近の探索です。

Cimg2111

JR鬼怒川温泉駅から温泉公園駅まで2kちょっと、鬼怒川を挟んで周回して30分で廻れました。

Cimg2116

お土産を覗いたりしてユックリ2周、宿に戻って温泉で汗を流した後はレモン牛乳。

Cimg2112_2

腰に手をあてて一気飲みしました。
栃木県では有名なのだそうですが、県外ではサッパリ目にしないとの事です。

サブ3御褒美旅行

初日はココ

45歳以上パスポートで入場料が6200→5500円に割引してもらえます。
食事の割引があって、ミラコスタの昼食は3800→3000円と割引でも高めですがバルコニーからSHOWが見られるのでお得です。

レジェンド・オブ・ミンカの上演時刻13;40に合わせて予約。
2階の最前列からだったので全体が良く判りました。

Cimg2103

2日目はココ

Cimg2105

平日の9:30に行ったのですが、最高点の450mに到達したのは11:00。

連日の行列にウンザリしたの次に行ったのはココ。

Cimg2106

鯛を2匹持ったエビス様はレア物です。

500円でエビスの歴史紹介ツアーとエビス&琥珀エビスの試飲をしてきました。

もう2日ほど関東で遊んでます。

第16回大阪・淀川市民マラソン

2時間59分で自己新更新しました。

前日受付になったので時間的余裕はたっぷりあります。
Cimg2165

アップをしながら開会式を見てのんびり過ごしました。

スタートも10分前に行けば良く、早くから並ばなくても余裕で前から2列目に並ぶことが出来ました。
5000人近くが出場する大会にしてはスムーズです。

コースは去年と同じで10k淀川左岸を遡って枚方大橋の手前で折り返し。
スタート地点まで戻り、更に河口に向い、淀川大堰を渡って右岸へ。
淀川大橋の手前を折り返してスタート地点まで戻ります。

給水は5k程度毎、水以外にバナナ、みかん、キュウリ、あんパンと盛りだくさん。
要所要所に救護テントもあって1万人近くが走る大型大会が充分サポートされています。

ゴール後は無料でオニギリ、淀川汁、おしるこがふるまわれます。
有料ですが屋台も多く出店され、食事にはこまりません。

さて、レースは初戦だったのでキロ4分10~15のペース走のつもりで走りました。
気温が上がって暑くて閉口しましたが、同じペースの集団が出来、前半は楽な展開です。

30k通過が2時間5分、「このままのペースで行けばサブ3確実だな」と気持ちに余裕があり、35kまではペースをキープ。
35kを過ぎると徐々に脚があがらなくなって自然にペースダウン、路面がアウファルトだけでなく、コンクリート、砂利や芝生が有って脚にダメージが有りました。

39k手前でで強烈な痙攣、後3k保ちそうに無いので大幅にペースダウンです。
止まってしまったら走れなくなるので時計と睨めっこしながら歩いたり走ったり。

40k通過が2時間48分、脚に力を入れないよう、置く様な感じでのJOGで進みます。
強い発作が来る度に歩きが入り、その発作の間隔が短くなってきます。 ヤバイ!
41kを過ぎると応援が増え「サブ3やったね!」とか「3時間切り確実」との周りの声に押されるようにペースが戻ってきました。 現金なモンです。

ゴール前150m、WindRunの皆が集まっているポイントにさしかかると「後1分!」「後30秒」の仲間から声援。
そこを過ぎても「もう大丈夫」「いける!いける!」と周りから声がかかり、嬉しくて一気にテンションが上がります。
痙攣来るなよ!と願いながら、フォームを元に戻し、踏ん張ってゴールに向かいました。

ゴール手前20mにQちゃん!「サブ3おめでとう」と声を掛けてもらったので、コースを外れてハイタッチしに行きました。 これで攣ったらアホやったね。

ギリギリ3時間は切ることが出来ましたが、課題の残るレースでした。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun