jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上海蟹 | トップページ | 上海博物館と美術館 »

小龍包

豫園に有る南翔饅頭店で小龍包を食べてきました。

豫園は観光客目当ての店ばかりで御土産なんか市価の倍以上です。
貼ってある値札は外国人観光客価格なんで、半値に値切った!と喜んでも未だ高いです。
基本は買わない事。

とはいえ南翔饅頭店の点心、特に小龍包は外せないので地元ピーと突撃です。

店は3階4フロア構成で、階が上がるにつれ値段が倍々になります。

1階「外売」はテイクアウト専門
豚肉小龍包のワンメニューで100g(16個)20元。

2階「船坊庁」は豚肉or蟹味噌小龍包の2メニュー有って食券を買うスタイル。
豚肉16個20元、蟹味噌が16個32元
ビールは10元(小瓶)ですがオレンジジュースは12元します。

3階右「長興楼」は10種類の点心が選べ席でメニューを見てオーダーします。
豚肉6個40元、蟹味噌6個70元、セイロで供され1,2階より大ぶりになります。
ビールは10元(小瓶)

3階左「鼎興楼」が一番高級、日本語、英語メニューが有って、店員さんも日本語、英語がOKです。
豚肉6個48元、蟹味噌100元、ビールは小瓶が20元。

六本木ヒルズ支店では豚肉6個900円くらいですから、まだ安い方です。

Cimg2136今回狙ったのはコレ 蟹味噌湯包68元

中に蟹味噌と蟹肉そして豚の肉汁を使ったスープがたっぷり入っています。
スープは太目のストローを上から指して飲みますが、ストローだと熱いので上をかじって穴を開けレンゲで飲みました。

飲み終わったら周りの皮も食べることができますが、分厚いのでパス。
中を開けると蟹味噌がたっぷり出て来るのでレンゲでこそげます。

美味しかったのですが「値段の割りには小ぶりで量が少ない」と感想を言うと、地元ピーは富春茶社の方が美味しいと教えてくれました。

お勧めはコスパの点で2階!です。
窓口で食券をを買うのが不安でしょうが、メモに書いて渡せばOK。

« 上海蟹 | トップページ | 上海博物館と美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小龍包:

« 上海蟹 | トップページ | 上海博物館と美術館 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun