jognote

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「ランニンググッズ」の44件の記事

ターサージール4

今シーズンの勝負靴を履き始めました

ターサージール4スリム
ジールシリーズは2から履き始めたので3代目です

Cimg25043のマイナーチェンジですね

2→3で良くなった点は踏襲されてます
・フロントの補強材が爪先になった点
・ソールのカーブが屈曲部に沿うようになった点
・靴紐の中央部が細く緩みにくくなった点
・169gを切る軽さ

3→4で良くなった点
・補強材がスェードっぽくなった
・踵が補強されフィット感が向上
・ソールの凸が大きくなって接地感が向上

アシックスの欠点だった踵の締まりは随分向上しています
ジールは良いシリーズですね

ターサー ジール3

5連休最終日は30k走
今シーズンのレースシューズを初装備しました

Cimg2543ターサー ジール3 スリム

アディ0なら26.5ですがアシックスは27.0がジャストサイズです

ジールで柔かった靴紐は改良されてフィット感がアップ
中央部が細く、両端が太くなってました

ジールに比べると、疲れてきてからの直進性が良い感じです
足先の補強が爪先に向かって入って入っているのが効いているようです

個体差なのか踵の絞りが若干甘く感じます、足入れしたときはフィットしたように思ったのですが、30k走ると違うもんです

アディゼロジャパン ブースト

Cimg2359アディダスゼロ ジャパン ブースト.

ジョグ用シューズに実戦配備しました。

ラストはアディゼロジャパンと同じなんでしょう足入れ感は同じで、爪先部がユッタリしている割に土踏まずアーチのサポート、踵の絞りは秀逸。
ただ一番上の靴紐穴の位置が近すぎてダブルアイレットをしても足首のフィットが今一です。

接地は柔らかくミズノのアミュレットのようで、蹴り出しはターサーの感じでフワッと接地してポンと出る感じです。

白いミッドソールがブーストという新素材でアシックスのゲルより低反発なんだそうで、見た目は発砲スチロール。こいつが柔らかいのでしょう。
アウトソールやシャンクはジャパンと同じで、蹴り出しの反発は十分。

キロ5前後で走るのに良い感じです

アディゼロJAPAN2

JOG用シューズをアディセロJAPAN2に換装しました。
先代は同じアディセロのマナ7、まだ現役として活用できますが、山用に配置転換です。

Cimg2296

50kほどJAPAN2で走ってみた感触です。

接地感は匠練より柔らかいですが、蹴りだしの反発は十分です。
足底のプレート(オレンジの部分)が効いています。

接地部の足幅は匠練より細くマナ7より広め。
足長は匠練より長めです。
ラストが全く違うようなので足入れ必須です。

キロ4~5分での長いペース走に丁度良い感じです。
フルならサブ3.5、国際狙いのレース用ですね。

ターサージール

今シーズンのフルマラソンのレース靴はターサージールSlim。

買ったのは10月、9末にジール2が発売されたので安くGETできました。
ジール2は靴ひもが細く改善されてますが、履いた印象はジールと同じでした。

Cimg2252

100kほど走った感想です。

踵の絞りが先代ゲイルより改良されて、蹴り出した時の追随が良くなっています。
ターサーの欠点と感じていた踵の緩さが無くなっています。

靴ひもは最低、分厚くてアッパーをホールドしてくれません、すぐに緩みます。
10kも走ると靴の中で前後に足が動き始めます。

細い石目平織の紐に速攻で換えました。
ジール2では細紐が標準装備になっているので、余程不評だったのでしょう。

個人的にはアーチ部が、もう少し高くなっている方が好きなのですが、インソールを交換して補正するまでの不満はありません。

ジール2を買うなら、安くなったジールを買って靴ひもを交換します。

アディゼロ マナ7

ペース走用にアディゼロマナ7を実戦配備しました。

Cimg2251

靴をひっくり返してみると、黄色のプレート、足裏全体に8の字に入っているようです。
前側アウトソールのパターンは先代アディゼロジャパンと同じです。

100kほど走ってみました。

土踏まずのアーチ部のサポートがしっかりしているのが直ぐに感じられました。
カッチリした接地感触と相まって始めは固いイメージを受けました。
アウトソールが同じ先代ジャパンの柔らかい接地感とは大違いです。

20~30kの長い距離を走ると、このイメージが変わりました。

8の字プレートのおかげもあるのでしょうが、靴裏全体が湾曲せずカッチリと硬いです。
これが疲労してきたときに、足のアーチが崩れるのを防ぎ、体への負担を抑えてくれます。

体が傾いていくのを防いでくれる感じで、筋肉をそれほど使うことなく足だしができる!という走りができます。
腰の疲れが格段に軽減されるのが判ります。

固いソールで硬い設置感覚なのに衝撃吸収性が良くて疲れにくい完成度の高いシューズだと感じました。
クッション安定性のアディゼロCSシリーズとは異なった設計思想が成功してます。

アディピュア ガゼル

朝RUNは寝ぼけ眼でボーっとJOGするだけ。
せっかく早起きしてるんだから少しでもトレーニング効果を!と思ってナチュラルRUN系の靴で脚筋の強化を狙います。

Cimg2207 アディピュア ガゼル

店員さんから「ワンサイズ大き目がお勧めです」と言われたのですが。いつものようにワンサイズ小さ目から試し履きしました。

アッパーが伸縮性に富むのでアディゼロと同じサイズで全然問題なし。

踵と前足部の高低差が少ないので自然とフォアフット着地を意識した走りになります。
おかげで脹脛が筋肉痛。

狙い通り普段使わない筋肉に効いてます。

ウェーブアミュレット3

9月になったので走り込み用シューズを新調。

Cimg2219 ウェーブアミュレット3

ミズノらしく踵の絞りは秀逸、アディゼロやターサーですと27.0ですが26.5がジャストサイズです。

踏み付け部の幅、爪先の高さに余裕があるのでワイドのチョイスは余程でないと不要でしょう。

走ってみると、前足部のクッションが柔らか目なので、地面からの反発は期待できません、逆に設置の衝撃が少ないのでロング走向きです。

踵部も内側が固くなっていて、スピードを出すと違和感がありますが、疲れて足首がグラついてきたらサポートしてくれます。

4分30~5分00ペースでのロング走向きでしょう。

SOMA ランワン

ランニング用ウォッチが壊れたので換装しました。
シューズに出費したばかりなので出費が痛い

Cimg2206 SOMA ランワン100SL ラージサイズ

文字盤が大きい、軽い、という条件で選びました。

操作は至って簡単、説明書を読まなくても直観でOKです。

文字が白で背景が黒と普通の液晶と逆の表示は、昼間は視認性が良いのですが、夕方は見えにくいです。

バックライトを使えば見えますが、走ってる最中は面倒。
夜はラップを押してたら自動でバックライトが点灯するなんて仕様にならないかな。

ウェーブ エボ レビタス

ナチュラルランニング用のアディピュアが経たってきたので3代目を襲名させました

Cimg2204_2 ウェーブ エボ レビタス
MIZUNO

前のアディピュア・モーションや初代のフリーランと比べると接地感が柔く、地面からの突き上げのダメージはありません。

爪先の幅に余裕が有るラストなのでサイズはモーションやフリーランよりワンサイズ小さい26.5がピッタリでした。
アッパーは伸縮性がありますが、先代までの靴下を履くようなフィット感はありません。

Cimg2205 26.5だと踵の締りがフィットして、蹴り出し時の追随感が良い感じです。

3種類の中で踵と爪先が一番フラッに感じます。
自然とフラットな着地を意識するようになって脹脛やハムを使う走りになりました。

これで脛が地面と平行になるくらい蹴れれば良いのでしょうが、そこまでの走りは出来ません。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

瀬戸線高架下

  • e高架はここまで
    雨天コース。 大曽根から東大手まで約2.5k

瑞穂北競技場

  • e競技場受付
    トラックで走るなら

名城公園

  • シャワールーム
    名古屋ランナーの聖地

庄内緑地公園

  • n.ゴール
    名古屋市西区

大池公園

  • p平州・大仏コース入り口
    東海市市役所の隣

スカウター

お気に入り

  • 企画
  • frun